2歳児の甥っ子♡

こんちゃ!

臨月に入りました。いま2500gで順調です♡

さて、お里にて、子育てに関する本を4冊読みました。なぜそんなに読むかというと、一緒に暮らしている2歳の甥っ子とのやりとりで、戸惑うことが多いからです。

ある時は、夜中に目を覚ました瞬間にママ(私の姉)が部屋にいなかっただけでギャン泣き。
ずっと泣き止まず、ママが「お手洗いに行きたい」と言った時は、私にはこの状態の甥っ子を預かるのは無理💦って思ったけど、ばあば(私の母)が引き受けてくれました。

その時のばあばの神対応にはビックリ。
ママの所に行きたいのを我慢させる際に、甥っ子がギャン泣きでジタバタして叩くんだけど、「いいよ。今はばあばを叩いていいよ。我慢して偉いね」ってなだめていました。
そして翌朝には甥っ子は「ばあばごめんね。ばあば大好き」って言ってました(゚o゚;;

2歳児って、自分を上手くコントロールできないだけで、良い悪いをいろいろ理解できてるんだなーって思いました。

例えば、「テレビに近過ぎるよ。離れて見てね」っていうのも、
「お菓子は2個目は我慢して、晩ご飯にしよう」っていうのも、
「ママがお風呂に呼んでるから、お風呂に向かおう」っていうのも、
無理だろうなぁと思ってたら、お利口にいうことを聞いてくれてビックリしました。
(平井基之に報告したら「そんな時は大袈裟に褒めてあげれば良いんじゃない?!」と言われて、確かに!と思いました。)

最近は「このまま放置しておくと泣く」って瞬間を察知して、上手く他のことに興味を持たせて泣くのを止めるのに慣れてきました。
だいぶ懐いてくれています。

ただ、懐いてきて甘えて良いと思ったのか、今日は私が見ている時にクレパスの中身をポイポイ放り出してしまいました。もちろんお片づけしません。
「クレパスさん、可哀想だよ」と言っても、「イヤだイヤだ」です。。。

子どもと二人っきりの時にこうなったら、私泣いちゃうかもしれないなって思いました>_<

その後のギャン泣きに姉は疲れていました。
歌って抱っこしてなだめては、またしばらくしてギャン泣きの繰り返し。
2歳児って難しいです。
いや、2歳児以外も大変なんだろうな。

全国のお母さん達、すごいです。
本当にお疲れ様です。

ちなみに甥っ子の七夕のお願いは「ミキサー車に会えますように」です。
働く車が大好きで、工事現場でずっと見てたらミキサー車にもショベルカーにも、乗せてもらえたことがあるそうです。
可愛すぎ(≧∀≦)

大変なのと、可愛いのと、
このギャップが激しいですね。

子育ては未知の世界です。
さて、明日は新しい子育て本を読もうかな(笑)。

お里の写真

んちゃ!

里帰りして1週間が経ちました。

田舎だなぁとビックリした場面と何度か出くわしました。

まずはコレ!

友人の実家に遊びに行った時のこと。
こーんなにお野菜やブルーベリーをいただきました。
家庭菜園のレベルを遥かに超えています。
無農薬でどれも美味しい!

そして駅。


この駅には初めて行ったのですが、ホームの左右に電車が来ます。
ホームが狭くてちょっと怖かったです。
駅員さんはめちゃくちゃ親切でした。
電車が遅れて到着したことに、深々と頭を下げて「申し訳ございませんでした」って言われて恐縮しました💦

一番ビックリしたのはコレ!


近所の川です。
何十匹も鯉のような黒い魚がいて、亀も何匹もいました。

さすが田舎ですよね。

さて。明日は都議会議員選挙の不在者投票をしてきます。
平井基之に手続きしてもらって、こっちでも投票できるようにしてもらえました^ ^

成人してから毎回選挙には行ってるので、今回も行けることが嬉しいです☆

『「応援される人」になりなさい』

んちゃ!

平井基之と私が長年お世話になっている教育会社の室舘勲社長が書かれた、新しいご著書を読みました。

『「応援される人」になりなさい』
アウェーがホームになる〝人間力〟 です。

私はこの方の『まずは上司を勝たせなさい』っていうご著書とそのタイトルが大好きで、仕事している中で、大事な指針としていました☆

さて、今回の新作の感想ですが、
「あとがき」の文章にほっこりとした温かい気持ちになりました。

《私の経験で言えば、応援というのは、応援しているのか、応援されているのか、よくわからなくなります。それは、どちらにとってもすごくいい関係になっているからだろうと思います。》

素敵ですよね。
人様を応援して差し上げたいと思って行動していると、いつの間にか逆にたくさん応援を戴いてしまっている、、、という感じでしょうか(≧∀≦)

ご著書の本文では、「自分の考え方や行動を改めよう>_<」と思うポイントがたくさんありました!

この場で1つご紹介すると、26ページの
《自分を捨てて相手に合わせてみる》です。

いろんな上司の元で働くことを経験してきましたが、上司それぞれで何を大切にするかが違います。
そこを把握して、できるだけ相手に合わせることが大事だろうなって、改めて思いました。

コレって難しいんですよね。ついつい、「前の上司だったらこうだったのに」ってなってしまうので。
私も店長時代は前任店長のやり方を好むスタッフさんもいて苦労したので、どちらの立場もわかります。

その他、「確かになぁ。それをやったら応援されるよねぇ」と思うことがたくさんありました^ ^

ぜひ書店で見かけたら、
お手に取ってくださいな♫
amazonはこちらです。

里帰りしました

んちゃ!

これまで、Dr.スランプ アラレちゃん的にと思って「こんちゃ!」と書いてたのですが、アラレちゃんは「んちゃ!」でしたね(・_・;
ずっと気づかなかった。

さて!里帰り出産のために福岡県大牟田市に帰って参りました〜。
3ヶ月ほど、こっちにいます。

自然が豊かで、広いお家で、
ご飯は懐かしい味付けで、
甥っ子が可愛くて、、、
母や姉からいろいろ教わってきます☆


こっちには2号と4号を連れてきました。

すると!実家でもプーさんを発見!!
この右下の子です(o^^o)

勝手に5号と名付けます☆

明日は早速、こちらでの産婦人科に行きますよ。
私や弟や甥っ子が産まれた病院です。
ワクワク(≧∀≦)

『自衛官の心意気』に感動!

こんちゃ!

先日、平井基之がお世話になっているチャンネルくらら関連で、桜林美佐さんと倉山満さんのサイン会&トークライブに行ってきましたo(^_^)o

面白く、そして衝撃的な話でした。ただ、オフレコでしょうから内容は伏せておきます。(腕立て伏せにまつわる話と、ある政治家、そして防衛省の話が衝撃的でした)

早速、桜林美佐さんの『自衛官の心意気』を読みましたよ。

陸海空、そして米軍それぞれの話で、涙がぼろっぼろ溢れました。命懸けで私達を護って下さっている方々に対して、日本国民はなんて失礼な態度を取り続けているのだろうと申し訳なくなりました。
また、自衛隊の海外派遣について、必要性やいかに感謝されているかがわかりました。機雷や地雷を除去し、道路や橋を作り、現地の方々の気持ちを大事にしている自衛隊は、私達の誇りです。
心から言いたくなりました!

「自衛隊の方々、本当にありがとうございます!!!」

ちなみに、平井基之とファミレスなどに行って読書しているのですが、「ずっと泣いてるね」って驚かれています(^^;)

教科書や問題集で誤魔化されている、背理法の正しい使い方

東大合格塾の実施速報の続き、始めていきましょう。

前回は、背理法と対偶命題の証明法の使い分けについて書きました。
命題には2種類あって、それが断定型と推論型。
断定型の証明には背理法を使い、推論型の証明には対偶命題を使うという話でした。

これで完結したら簡単なのですが、そうもいきません。
推論型なのに、背理法を使う解法が、流通している問題集によく載っています。
しかもその説明が不十分で、誤魔化さず書かれている参考書に出会ったことがありません。

なぜ、推論型なのに対偶命題ではなくて、背理法を使うのか。
推論型の命題に対して、背理法を使う方法はどういうものなのか。
今日は、この疑問を解消していきましょう。

「教科書や問題集で誤魔化されている、背理法の正しい使い方」の続きを読む…

歩くぞー!!

こんちゃ!

ずっとお世話になってた産婦人科の先生に、
「37週になったら何時間歩く?」と問われました。

「友人の話を聞いていると、1、2時間くらいでしょうか。
 九州に帰るので暑いですし」と答えると、
「これまで何時から何時まで働いてたの?」というやり取りがありまして、
「1時間だったら通勤程度でしょ。まだ動ける体力あるのよ。
 みんな妊婦になった途端に体力無くなったように思い込むけど、
 歩かないとお産が重くなるわよ」と諭されました。

そして、「1日3時間から始めましょう」と言われました。

もちろん、お腹が張ったら休憩して、
何度かに分けて良いそうですが、、、ドキドキ><

37週目というと7月11日からです。
頑張らねば!!
(臨月は7月4日からだから、臨月入ってすぐに出産になったら
 歩くことはないだろうけど)

九州で7月になったら暑さにやられて、
歩く意志を強く持てるか不安です。

なので今のうちに宣言しておきます><

歩くぞー!!

寄席☆

こんちゃ!

新宿の末廣亭(すえひろてい)の寄席に行ってきました☆

3時間ほどいたのですが、あっという間。
なんだか江戸時代にタイムスリップした気分でした。

末廣亭に行ったのは2回目だったのですが、
前回とは違って、女性の芸能をたくさん観られて楽しかったです。

男性の落語、漫謡、曲ごまも面白かったのですが、
女性の方々のがインパクトが強かったのでご紹介します^^
(写真は撮れなかったのでネットで拾いました)

◇動物のモノマネをされる江戸屋まねき猫さん

なんと4代目だそうです。
どれも「聞いたことある!そっくり!」の鳴き声で、
最後の猫の鳴き声は特に衝撃でした。。。

◇講談師の神田鯉栄さん

迫力があって、めちゃめちゃ引き込まれました。
宮本武蔵が熱湯に入れられる話。
今回は途中までだったので、続きが気になる><

◇三味線での謡と舞を披露された桧山うめ吉さん

綺麗でした。
特に舞の姿に魅了されました。
声も艶っぽくて、笑いのとり方も上品♪

女性の皆さん、キャラが濃くて
世界観にあっという間に引き込まれました~。

きっと裏では発声練習や間の取り方など、
訓練を積んでいらっしゃるんだろうなぁ。

機会があれば私もやってみたいな^^
ちなみに姉と義妹が落語好きで、舞台にも立ったことがあります♪