2014年 理系第6問の解説④ 解の配置、ファクシミリ、包絡線

入試の解説
長々書いてきましたが、これで通過領域の問題の解説、最後です!
前回と前回の記事

2014年 東大文系数学第3問 理系第6問 通過領域の解法をノウハウにしよう!

で、通過領域に必要な解法の種類を、基本問題で解説しましたので、どうぞ先にご覧くださいませ。
定通過領域の問題にたどり着くまで。
昨日は文系第3問を扱いましたが、理系もほぼ同じ問題。(数字だけ変えてある)
文系の方が、場合分けが複雑な気がしますが、、、理系も十分に複雑。
とにもかくにも、解説していきましょう

「2014年 理系第6問の解説④ 解の配置、ファクシミリ、包絡線」の続きを読む…

2014年 東大文系数学第3問③ 解の配置、すだれ法(ファクシミリ)、包絡線

入試の解説
大変お待たせしました。
2014年の東大文系第3問と、理系第6問の解説の続きです。
東大で超頻出のテーマである、通過領域について、皆さんのノウハウになるよう、しっかり書こうと思い、少しお時間を頂きました。
前回と前回の記事

2014年 東大文系数学第3問 理系第6問 通過領域の解法をノウハウにしよう!

で、通過領域に必要な解法の種類を、基本問題で解説しましたので、どうぞ先にご覧くださいませ。
定通過領域の問題にたどり着くまで。
では、まずは問題を見てからどう考えるか、です。
問題はこちら。

「2014年 東大文系数学第3問③ 解の配置、すだれ法(ファクシミリ)、包絡線」の続きを読む…

子連れOKのレストラン

んちゃ!

昨日、2月11日の建国記念の日は平井家の結婚記念日でした。3周年です。
昼間はキャリアコンサルティング主催のくにまもり演説大会を観覧して、いっぱい感動していっぱい笑いました。
そして夜はレストランに行きました♡

赤ちゃんがいるとレストランは行きづらいのですが、今回は気兼ねなく楽しめました。
なんと、キッズスペースのようなレストランなんです。

池袋のサンシャイン60にあるザ・ドーム !
オーシャンカシータの料理が食べられます♫

まず嬉しかったのは、幸呼用の椅子を用意してくださったこと。
生後半年でも座れました。

ただ途中で泣き始めたので、抱っこ紐であやしましたけどね。
割とすぐ眠ってくれたので、椅子をお借りして即席ベット。

夫婦で美味しい料理を堪能しました。
特に魚介のグリルミックスが良かったです。

ノンアルも結構ありましたよー。
これはノンアルのモヒート♫

遊ぶスペースやおもちゃもたくさんあるので、動き回る子と一緒でも楽しいと思いますよ^ ^

2014年 東大文系数学第3問 理系第6問 すだれ法(ファクシミリ論法)と包絡線をマスターしよう

2014年 東大文系数学第3問&理系第6問の解説
では、前回の続きです。
2014年の文系第3問と、理系6第6問ですが、理由があって解説が長くなるので、4回に分けて書いています
他にも、東大模試の解説もありますので、どうぞご覧ください。
すだれ法(ファクシミリ論法)とは?
前回も書いたのですが、通過領域の解法には3種類あります。

「2014年 東大文系数学第3問 理系第6問 すだれ法(ファクシミリ論法)と包絡線をマスターしよう」の続きを読む…

通過領域をマスターしよう② すだれ法(ファクシミリ論法)と包絡線

すだれ法(ファクシミリ論法)とは?
通過領域の解法の3種類。
・解の配置
・すだれ法(ファクシミリ論法)
・包絡線
のうち、前回は1つ目を書いたので、今回は2つ目と3つ目の解説です。

「通過領域をマスターしよう② すだれ法(ファクシミリ論法)と包絡線」の続きを読む…

『致知』木鶏会

んちゃ!

私の月一の勉強会についてのご紹介、
3つ目は木鶏会(もっけいかい)です。

人間力を学ぶ月刊誌『致知』を読んだ感想文を事前に書いて集まり、
4人1組ほどで各々がその感想文を音読し、
美点凝視でフィードバックする会です。
全国に100以上の木鶏会があります。

私は関東若獅子の会という致知出版社での木鶏会に参加していて、
11月からはママ木鶏会に参加するようになりました。
子供たちが元気に遊んでいる中、
素敵なお家で美味しいカフェタイムを楽しみながらやっている木鶏会です。

私は産後、木鶏会のおかげで前向きに考えることができるようになりました。

私は元々は前向きな性格なのですが、それでも産後、できなくなったこと、諦めなければならないことがたくさん出てきて、ストレスが増えていました。

けど、木鶏会の感想文を考える中で、「逆にできるようになったことは?」と思って書き出してみました。
すると、「親孝行できている」「近所のお年寄りを癒している」など、赤ちゃんがいることで人様を喜ばせることができるようになったと気づけました。

気持ちが前向きになったところで、「できなくなったこと」も書き出してみました。
すると、「あれ?本当にできなくなった?」という疑問が浮かびました。
そして、思い切ってやってみました。

普通は参加できない勉強会に、事務局にわがままをお願いして、赤ちゃん同席で参加させていただきました。
電車での移動距離も、片道10分、20分、40分、60分と伸ばしていきました。

「なーんだ、できなくなったというのは私が勝手に諦めてただけじゃん」と気づけました。

産後2〜3ヶ月くらいから、私は「できる方法から考える」ということを始めました♫
今ではアクティブに動き回っていることをよく驚かれます^ ^

『致知』を読むだけでは、私は変われなかったと思います。
「感想文を書かなければならない」という状況が有り難いです。
人前で発表する感想文なので、じっくりと、そして前向きに考えることができます。
さらに発表して友人達に「いいね!すごいね!」と言ってもらえると、嬉しくなって前向きに頑張ろうという気持ちが増します!

ママが前向きで笑顔な方が、
赤ちゃんも笑顔になれると思います。

なので、前向きになれる勉強会にこれからも参加させていただきます♡

パパママ論語塾

んちゃ!

前回に続いて、私の月一の勉強会の紹介です。

パパママ論語塾!
乳児を連れて行けて、自由に授乳やオムツ替えもしながら、論語の話を聞けます。
講師の安岡定子先生は押さない子供達にも論語を教えていらっしゃっています。

前回の話で印象的だったものを紹介しますね!
ノーベル医学・生理学賞を受賞された大村智先生とお食事されたそうなのですが、そこで大村先生が仰っていたのが、小さい頃からおばあちゃんに「周りの人のためになることをしなさい」と言い続けられたそうです。
素敵ですよね。
「周りの人のためになることをしなさい」って教えたいです。
もちろん、そのお手本を見せつつ^ ^

また、論語によく出てくる「仁」の解説も印象的でした。
単なる思いやりではなく、自分が悲しい辛い時に発揮できる思いやりだそうです。
子育てしているとストレスがかかることが多いと思います。
そんな時こそ、周りの人に配慮できる自分でありたいです!

安岡定子先生のホームページはこちら。
http://www.sadakorongo.com/?page_id=1752

次回の2/9(金)の回も参加しますよ☆
興味のある方、ぜひ一緒に行きましょう!

月1の楽しみ!ママカフェ♫

んちゃ!

(足をバタバタさせて喜ぶ娘。躍動感がなんとなく伝わります?!)

産前は、歴史の勉強会を中心に、月に一回の習い事にいくつも参加していました。
産後も、ママが集まる月に一回の勉強会を楽しんでいます♫
今は3つの勉強会のリピーターになっています。

多くの方にママライフを楽しんでいただきたいので、ご紹介しますね♡

まずはMama Café(ママカフェ)!
子育てや教育をおしゃべりする
ライトで内容の濃い勉強会です。

認定ファシリテーターの朝見真妃さんが、みんなの疑問に的確なアドバイスをしてくださって、めちゃめちゃ勉強になります♫

朝見先生は発達心理学や脳科学、非認知能力に詳しくて、具体的な声かけの方法をわかりやすく教えてくださいます^ ^

教わったことを、3つほどご紹介しますね。

(1)
赤ちゃんの脳は否定形は聞こえないそうです。
だから、投げてはいけない物を子供が投げた時に「投げない!投げない!」と注意しちゃうと、「投げろ!投げろ!」と命令されているように聞こえるそうです。
(否定形を理解できないんですね)

否定形を使わずに、
「置く!置く!」と教えてあげると良いそうです。
※「てにをは」は敢えて抜いて、「おもちゃ、置く!」と言った方が理解してもらえましです。

(2)
子どもを素直に「はい!」と返事する子にしたいなら、ママがご主人への返事を「はい!」とするのを心掛けるのが一番。
「でも」「だって」で返事してたら、それを真似されてしまいます。
すぐにできないことを頼まれても、
まずは「はい!」と答えて、「いま子どもの何々をしてるから、これが終わったらやるね」など言えば良いそうです。
※「挨拶は目を見てしましょう!」というのも同じ。ママがパパに目を見て挨拶していないと、真似されます。

(3)
また、お片づけなど、何か良いことをした際に褒める時、「こんなに大げさに褒めてあげてください!」と教えてくださいました。
ブログだと伝わりづらいかもだけど、本当に大げさにやります。
ハイテンションで高い高いしてあげる勢いです。
子ども達は喜んで、今後もやってくれるようになります。

ちなみに、「認定ファシリテーター」と書いていますが、誰が認定しているかと言いますと、Mama Café(ママカフェ)を始めた石田勝紀さんです。
主人と考え方がとーっても似ている方で、夫婦で大尊敬しています!!
一度、主人をママカフェのゲストスピーカーとして呼んでくださったこともあります。

東洋経済オンラインにて、隔週でコラムを執筆されていますよ。
http://toyokeizai.net/category/gungun-child

次回の朝見さんのママカフェは
2/18(日)10時〜@文京区です。
ゲストスピーカーも呼んで
「自宅でできる賢い子供への育て方」を教えてもらえます。

その次は3/8(木)10時〜です。
妊娠中のプレママさん向けの回も3/4(日)10時〜で開催されます。

興味のある方、一緒に参加しましょう!