東大の足切りライン、過去10年分の推移のデータまとめ。正確に予想する方法。

◆東大合格塾「敬天塾」◆

1期生合格率100%、塾生の約45%が東大に進学する塾) 

立ち上げ初年度から、東大合格者を輩出。

1年後の東大合格を目指すなら、私の塾の門をたたけ!

一人の先生が、全科目のバランスが取れた最適な戦略を指導
日本一、東大の過去問を徹底的に分析
塾生自らが、解法を発見し、習得する力を育成
東大の過去問を、上から見下ろす経験を毎週体験
最新情報、先端情報をすぐに提供
受験くらい余裕でクリアして、その後の人生で差を付けろ!

 

塾の紹介ページはこちら

東大の足切りライン

東大受験をする際、気になるのが足切りライン。

昨日は、東大の足切りラインを最も正確に予想する方法という記事を書きました。

しかし、何をするにも情報収集が大事。

ということで過去データを貼り付けましょう。

 

文系。

2次で最も難しい文Ⅰが最低をキープしているのが特徴。

どこに出すにも740点を取れば、足切りにかからないのが読み取れます。

 

 

理系。

毎年約700点前後をウロウロ。年によっては740点を超えるデータもある。

 

とこんな感じ。

さて、このデータを見て、どう判断しますか?

 

現在の状況を知るために、過去の歴史を探ることは必須中の必須ですが、今年のデータが得られるならそれに越したことはありません。

そして、今年のホットなデータを得ることも可能なのです。

 

それが、昨日書いた東大の足切りラインを最も正確に予想する方法という記事です。

 

センターの追試が終わったら、すぐに国公立の出願が始まりますが、足切りライン前後の点数になったけど、どうしても東大受験をしたい人は、上のリンクの記事を読まれたし。

 

◆東大合格塾「敬天塾」◆

1期生合格率100%、塾生の約45%が東大に進学する塾) 

立ち上げ初年度から、東大合格者を輩出。

1年後の東大合格を目指すなら、私の塾の門をたたけ!

一人の先生が、全科目のバランスが取れた最適な戦略を指導
日本一、東大の過去問を徹底的に分析
塾生自らが、解法を発見し、習得する力を育成
東大の過去問を、上から見下ろす経験を毎週体験
最新情報、先端情報をすぐに提供
受験くらい余裕でクリアして、その後の人生で差を付けろ!

 

塾の紹介ページはこちら

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)