東大の足切りライン、過去10年分の推移のデータまとめ。正確に予想する方法。

◆日本一徹底して東大対策を行う塾 東大合格「敬天塾」

弊塾のサービスは、全てオンラインで受講が可能です。
地方の方、仮面浪人の方、社会人受験の方など、広く皆さんにご受講いただけます。
ご希望のサービスを、以下からお選び下さい。

【2021年に東大を受験したい方】
≪東大文系受験者対象≫敬天塾プレミアムコース生徒募集はこちらから
≪東大文系受験者対象≫オープン授業【東大文系数学】はこちらから

【数学・英語の基礎を学びたい方】
≪新高1・2生対象(復習したい高3以上・先取したい中学生もOK)≫ベーシックコースはこちらから

【敬天塾について知りたい方】
敬天塾の理念
敬天塾からの東大合格者インタビュー(ノーカット)はこちら
東大生や東大卒業生への指導依頼はこちら
スタッフの募集ページはこちら

スタッフの募集ページはこちら

東大の足切りライン

東大受験をする際、気になるのが足切りライン。

昨日は、東大の足切りラインを最も正確に予想する方法という記事を書きました。

しかし、何をするにも情報収集が大事。

ということで過去データを貼り付けましょう。

 

文系。

2次で最も難しい文Ⅰが最低をキープしているのが特徴。

どこに出すにも740点を取れば、足切りにかからないのが読み取れます。

 

 

理系。

毎年約700点前後をウロウロ。年によっては740点を超えるデータもある。

 

とこんな感じ。

さて、このデータを見て、どう判断しますか?

 

現在の状況を知るために、過去の歴史を探ることは必須中の必須ですが、今年のデータが得られるならそれに越したことはありません。

そして、今年のホットなデータを得ることも可能なのです。

 

それが、昨日書いた東大の足切りラインを最も正確に予想する方法という記事です。

 

センターの追試が終わったら、すぐに国公立の出願が始まりますが、足切りライン前後の点数になったけど、どうしても東大受験をしたい人は、上のリンクの記事を読まれたし。

 

◆日本一徹底して東大対策を行う塾 東大合格「敬天塾」

弊塾のサービスは、全てオンラインで受講が可能です。
地方の方、仮面浪人の方、社会人受験の方など、広く皆さんにご受講いただけます。
ご希望のサービスを、以下からお選び下さい。

【2021年に東大を受験したい方】
≪東大文系受験者対象≫敬天塾プレミアムコース生徒募集はこちらから
≪東大文系受験者対象≫オープン授業【東大文系数学】はこちらから

【数学・英語の基礎を学びたい方】
≪新高1・2生対象(復習したい高3以上・先取したい中学生もOK)≫ベーシックコースはこちらから

【敬天塾について知りたい方】
敬天塾の理念
敬天塾からの東大合格者インタビュー(ノーカット)はこちら
東大生や東大卒業生への指導依頼はこちら
スタッフの募集ページはこちら

スタッフの募集ページはこちら

フォロー大歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)