2020年東大数学 文系第4問 理系第4問の解説

日本一徹底して東大対策を行う塾 東大合格塾「敬天塾」◆

一人の先生が、全科目のバランスが取れた最適な戦略を指導
厳しい入塾審査を突破した精鋭たちと、東大合格法を徹底討論
塾生自らが、解法を発見し、習得する力を育成
受験くらい余裕でクリアして、その後の人生で差を付けろ!

1年後の東大合格を目指すなら、私の塾の門をたたけ!
弊塾のサービスは、全てオンラインで受講が可能です。
地方の方、仮面浪人の方、社会人受験の方など、広く皆さんにご受講いただけます。
ご希望のサービスを、以下からお選び下さい。

【2021年に東大を受験したい方】
≪東大文系受験者対象≫敬天塾本科生の募集はこちらから(このページです。)
≪東大文系受験者対象≫オープン授業【東大文系数学】はこちらから
≪高1・2でもOK!東大受験したい方ならだれでも対象≫オープン授業【東大数学のための単元導入授業】はこちらから
≪貴重な東大受験情報の発信≫オンラインサロンの紹介はこちらから
東大生や東大卒業生への個別指導依頼はこちら

【(中学生・高1~2生など)東大を受験したい方なら誰でも】
≪高1・2でもOK!東大受験したい方ならだれでも対象≫オープン授業【東大数学のための単元導入授業】はこちらから
≪貴重な東大受験情報の発信≫オンラインサロンの紹介はこちらから
東大生や東大卒業生への個別指導依頼はこちら

【東大受験の情報を集めたい方】
≪貴重な東大受験情報の発信≫オンラインサロンの紹介はこちらから
オンラインサロンの無料記事を読みたい方はこちら

【敬天塾について知りたい方】
敬天塾の理念
敬天塾からの東大合格者インタビュー(ノーカット)はこちら
東大生や東大卒業生への指導依頼はこちら
スタッフの募集ページはこちら

2020年東大数学 文系第4問 理系第4問

では、今年の文系でぶっちぎり難しかった第4問に行きましょう。

理系と共通問題でしたが、理系でもやや厳しかったのではないでしょうか。少なくとも、見た瞬間にスラスラ解けるような問題ではなかったでしょう。

何もわからないので、色々やってみる

まずは(1)からですが、文系にしてはここから難しかったでしょう。

今回のan,kの定義には、nとkという2つの要素が入ってますが、この時点でかなりややこしい。

情報量が多くなると複雑になるのは当たり前なのですが、東大でもたびたび出ています。

 

さて解答ですが、複雑な数列の問題なので具体的な数字で試しながら法則を探るのが良いでしょう。

特に、(1)は(nはそのまま残っているものの)k=2という具体的な場合についての考察が問題なので、(2)以降への誘導だとみてよいと思います。

 

展開公式を想起せよ

ここが難しいところなのですが、色々やったところで、過去に解いた問題に結びつかないかもしれません。

普通なら単純な法則が見えてくるところなのですが、この問題の場合は展開の性質を覚えておいて気付かなければなりません。

 

手書きの解答に書いておきましたが、(わかりやすいかはともかく)表にすると見やすいです。

下の解答の左側をご覧ください。

理解できれば、活字だけより覚えやすいと思います。

(2)これもとりあえず試してみるが・・・

さて(2)へ。

これもとりあえず試してみるところから始めるのが良いでしょう。

色々試すことになると思いますが、計算してみると法則が見えてきます。

これの右ページをご覧ください。

ここまで来れると、少し光が見えた気がするでしょうが、ここからもまだ発想が必要です。

普通、数列を推測したら帰納法で証明するのがスタンダードな流れでしょうが、帰納法が使いづらい形をしています。また、fn(x)の展開式とan、kがどう結びついているかが分からない方も出るでしょう。

 

結局は、fn(x)の展開した結果に、an、kが係数として登場することに気付かないと解答が書けないということです。

誘導はあるのですが、難しかっただろうと思います。

 

(3)が一番簡単

(3)は(1)と(2)が出来ていれば簡単です。

(2)までの結論が丁寧な誘導になってますので、発想も得やすいと思います。

解き方としては、2種類の式を用意して、係数を比較するだけ。よくあるタイプだと思います。

ということで、手書きの解答をどうぞ。

 

 

ちなみに(1)は求めなくても、(2)や(3)は解けることと、(2)が推測までは簡単だという点から、

(3)だけ満点解答を作って提出することもできます。

 

全体講評

それにしても、文系には厳しかったでしょうね。

(1)と(2)の推測までは食らいつける人もいるでしょうが、この問題はほとんど点数が取れないため、全体では事実上60~65点満点の数学の入試だと言ってもよいかもしれません。

数学が得意な受験生には不利な入試だったでしょう。

 

理系にとっては、文句の言えないレベルだとは思いますが、簡単ではないです。ここ数年の簡単な内容が続いたことから言うと、かなり面食らった人も多いと思いますね。

 

敬天塾の公式オンラインサロン

noteで敬天塾のオンラインサロンを開設しています。

東大受験に関する情報、戦略や勉強法、過去問解説などをアップしていきます。

 

・東大受験の情報が欲しい方

・子供を東大に入れたい保護者

・自分の学校や塾から東大合格者を出したい先生

など、誰でもござれ。

 

詳しい説明はこちらをクリックしてください。

 

敬天塾 知恵の館(月額2000円)

敬天塾がの持つ情報やノウハウを本気で発信します。

 

敬天塾 知恵の館の玄関(月額500円)

掲示板です。交流や、質問対応、東大受験のお得情報など。

 

それ以外にも無料で読める記事もたくさんあります。

 

どうぞお越しください。

 

日本一徹底して東大対策を行う塾 東大合格塾「敬天塾」◆

一人の先生が、全科目のバランスが取れた最適な戦略を指導
厳しい入塾審査を突破した精鋭たちと、東大合格法を徹底討論
塾生自らが、解法を発見し、習得する力を育成
受験くらい余裕でクリアして、その後の人生で差を付けろ!

1年後の東大合格を目指すなら、私の塾の門をたたけ!
弊塾のサービスは、全てオンラインで受講が可能です。
地方の方、仮面浪人の方、社会人受験の方など、広く皆さんにご受講いただけます。
ご希望のサービスを、以下からお選び下さい。

【2021年に東大を受験したい方】
≪東大文系受験者対象≫敬天塾本科生の募集はこちらから(このページです。)
≪東大文系受験者対象≫オープン授業【東大文系数学】はこちらから
≪高1・2でもOK!東大受験したい方ならだれでも対象≫オープン授業【東大数学のための単元導入授業】はこちらから
≪貴重な東大受験情報の発信≫オンラインサロンの紹介はこちらから
東大生や東大卒業生への個別指導依頼はこちら

【(中学生・高1~2生など)東大を受験したい方なら誰でも】
≪高1・2でもOK!東大受験したい方ならだれでも対象≫オープン授業【東大数学のための単元導入授業】はこちらから
≪貴重な東大受験情報の発信≫オンラインサロンの紹介はこちらから
東大生や東大卒業生への個別指導依頼はこちら

【東大受験の情報を集めたい方】
≪貴重な東大受験情報の発信≫オンラインサロンの紹介はこちらから
オンラインサロンの無料記事を読みたい方はこちら

【敬天塾について知りたい方】
敬天塾の理念
敬天塾からの東大合格者インタビュー(ノーカット)はこちら
東大生や東大卒業生への指導依頼はこちら
スタッフの募集ページはこちら

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)