東大合格に資する戦略的併願校選定法

スタッフOです。

東大を第一志望とする受験生といえども、東大一本でいく方もいらっしゃれば、私大や公立大学の併願を予定する受験生もいらっしゃることだろう。

東大一本でいくならば全ての可処分時間を東大対策に充てられるメリットはあるが、失敗した時のリスクもあるのは事実である。そこで、早慶上理といった上位私大の受験を念頭に置くわけだが、希望学部が明確な人とそうでない人もいる。

たとえば、法学部志望であれば、
早稲田大学法学部・慶應義塾大学法学部・上智大学法学部あたりを候補に置くことになるだろうし、

学びたいことを見つけることに価値を見出すならば、東大に同じくリベラルアーツ系の
国際基督教大学・国際教養大学・早稲田大学国際教養学部あたりを志望することとなるだろう。

このように学びを軸に併願校を選定するのであれば、受験校数は多くて4〜5校に収束するものだが、大学のブランド価値に重きを置くとなると、早慶上理の学部を受けまくることとなる。

本稿では、それらの是非を問うわけではなく、いずれにせよ、東京大学を第一志望とする以上、東大対策と著しく逸脱した併願校戦略を採らないようにして欲しいと切に願う。

たとえば、慶應の文系学部であれば英語・社会1科目OR数学・小論文が基本的な受験パターンとなる。しかも、英語の配点が200点と偏重しているため、英語で満点を取れば合格は不動のものとなる。このため、早稲田大学よりも対策が容易であり、東大受験生は経済学部などを併願することが多い。

また、SFC(総合政策学部・環境情報学部)に至っては、「英語・小論文」や「数学・小論文」でも受験ができるので、進学校の生徒からは万が一の駆け込み寺とも言われてもいる。もっとも、灘高首席のTehu氏が理3合格確実と言われながら、夢を叶えるためSFCに進学した例からも、魅力的な学部であることは念のため付言する。

以上が、2020年までの様相であったが、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)