映像授業【東大現代文】第三回 2018年 第1問 野家啓一『歴史を哲学する―七日間の集中講義』

東大現代文の授業、第三回です。
映像授業【東大現代文】についてのご説明ページはこちらです。
※映像授業【東大現代文】の「第何回」は、学習しやすい順にしておりますが、どの年度から受講していただいても問題ありません。

第三回は2018年第1問 野家啓一『歴史を哲学する―七日間の集中講義』です。
2018年 東大国語(第一問現代文)入試問題の研究ページはこちらです。併せてご利用ください。

授業では、本文をどのように読むかの解説や敬天塾オリジナルの模範解答に加えて、
生徒の答案5つを提示して、それぞれを非常に細かく添削しております。

ぜひ受講前には以下のことをご準備ください。

・画面が小さい方は、資料を印刷してください。
・形式段落に番号を振ってください。
・自分で解いてから動画を見て下さい。
さらに、資料にあります6つの解答例に対して、ご自身でも添削しておくと、学びが多くなると思います。

下のcodoc(コードク)にてご購入いただきますと、ダウンロードが可能な資料(問題・解答用紙及び敬天塾オリジナルの模範解答・生徒の答案5つ)と、約2時間の授業動画が見れるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)