敬天塾は東大文系の専門塾ではありますが、東大入試は文理共通問題が出題されることなどから、理系の生徒様にも十分ご活用いただけるサービスが多数ございます。
下にまとめましたので、どうぞご検討下さい。

【東大理系受験生にご利用いただけるサービス】

東京大学の英語は、文系と理系で全く同じ問題が出題されています。
そのため、理系の生徒様でも、完全に対応しております。

東京大学の現代文は、文系の第1問と全く同じ問題が理系で出題されています。
一部、「第4問」の授業(つまり、文系のみに出題された問題の解説授業)もございますので、難問に取り組みたい、万全な対策をしたい、と意気込む理系の方は、ぜひチャレンジしてみてください。
そこまでではない、という方は、「第1問」の授業のみご利用ください。

※オープン授業コース【東大現代文】のページは準備中です。

文系用ではありますが、理系用の問題でも、数学ⅠAⅡBの範囲で文理共通問題が多く出題されます。そのため、
・理系の高1・2生様が数Ⅲに入る前の復習として
・理系の高3/浪人生が、数ⅠAⅡBの範囲を固めるため
などにご利用いただけます。
(過去に、ご利用いただいた実績が多数ございます。)

※「プレミアム講師プラン」と「(単発)塾長に学習戦略相談」のみ、理系の方も対象となります。