敬天塾の理念

なかなか良くならない日本

今の日本では、偏差値が高い人が、良い大学に入り、良い就職をし、世の中を動かす重要なポジションに就いていきます。しかし、そのような人たちが、自分のことばかりを考えて働いたらどうなるでしょう。

当然、社会は良くなりません。

そして残念ながら、今の日本では、自分と同じように他人を大切にすること、社会のために働く大切さを教わることはありません。

そのため、なかなか日本が良い方向に進まなくなってしまっています。

 

社会をよくするリーダーを輩出する敬天塾

敬天塾は、日本を良くする人材を輩出するために作られました。

東大に合格しただけで「自分はすごいんだ」「自分は偉いんだ」と思う人がいます。しかし、果たしてそうでしょうか?

 

東大に合格した努力は素晴らしいでしょう。しかし、受験はゴールではありません。大学でも様々な学びを得て、社会に出てそれぞれの分野で影響を及ぼすでしょう。

特に東大生は将来、重要なポジションに就く人がたくさんいます。その人達がやましい心で働けばすぐに社会は悪くなりますが、誠実に働けばすぐ良くなります。

敬天塾は、まさに社会を良い方向に導けるリーダーを輩出するためにあるのです。

敬天塾の由来と理念

「敬天塾」の由来は、西郷隆盛が好んで使った「敬天愛人(天を敬い人を愛す)」という言葉です。天とは、お天道様や自然の摂理、神様など人智を超えた存在のことだと思ってください。

東大に合格したくらいで自分が偉くなったと勘違いするのではなく、自分より偉大な存在を認めて謙虚になり、努力を怠らず、社会のために一生懸命に力を発揮できる人になってほしい。

これが「敬天塾」の理念です。

憧れの東大に合格する方法やポイントはもちろん教えますが、東大合格の先に輝く未来と、素晴らしい社会を作っていきたいという方は、ぜひ弊塾の門を叩いてください。敬天塾紹介ページはこちら

 

また、弊塾の理念に共感し、共に良い日本を作りたいという方は、スタッフ募集ページもご覧ください。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)