オープン授業【東大地理】日本地理 各論第七講 〜 農業・林業・漁業 〜

農林水産業は、私達の生命活動に不可欠な衣食住を提供する大切な存在です。
しかし、日常生活の中で第一次産業に従事する方々を目にする機会は、都市部に住んでいる人にはほとんどないでしょう。
その結果、なくてはならないものなのに、その有り難みや実態を考えることがほとんどありません。

実のところ、いま、日本は深刻な危機に直面しているのです。
第四講で取り上げた少子高齢化の波や、第六講でご案内したようにTPPなどを通じて輸入された安価な外国産に押され、廃業をする人が後を絶たないのです。外国から仕入ればいいじゃないか、と思われるかもしれません。しかし、そう簡単な問題ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)