【中学受験で決まる東大受験12】全教科に通じる国語力とは何か

読解力が大切だ、国語力はすべての学力の根本だ、と誰もが口にする。

だが、「読解力」や「国語カ」が具体的にどういうものなのか説明せよと問われれば、多くの方は「本を読もう」「文章を要約する訓練をしましょう」と手段を取り上げるわけだが、読解力や国語力とはそもそも何なのかを説明できる方は少ない。

サピックスの模試で良い点数が取れれば、国語力があるのだろうか。本を1000冊読めば、読解力が自然と身につくのだろうか。そもそも、それによって、なぜ、算数や理科や社会の点数が上がるのだろうか。

この点、言語学の論文では様々な説明がなされているが、ここではできるだけシンプルで実感しやすい例をご紹介したい。なお、お子様にも読みやすいよう、ひらがな表記を増やしている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)