【中学受験で決まる東大受験13】合格可能性を引き上げる併願校プラン

この時期、併願校について頭を悩ませる方が多いだろう。併願校を考えるに際しては、学校の雰囲気が御子様に合っているか、通学時間はどれくらいか、どのような経験をさせてくれるのか等を元に候補を絞っていかれる方がほとんどであろう。

たが、第一志望に対する思い入れが強い場合、入試までに用いることのできる時間資源や体力に限りがある以上、第一志望合格にどのような影響を与えるか考慮せねばならない。この極めて重要な受験戦略について不知のまま、受験に臨むのは極めてリスキーである。

ここで、数年前のデータにはなるが、ある生徒の志望校選定にあたって、入試問題をどのように分析したのかを図でご紹介するとしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)