国語第四回

こんにちは、スタッフAです。
今回は、東大文系入試2013年第一問(ニ)(三)(四)(五)を扱いました。
生徒は、事前に、大手予備校や参考書の答案を比較し、良い点、悪い点について言及し、答案に点数をつけて、提出していました。
授業では、生徒同士の採点基準や意見を共有し、さらに、先生の考察を頂戴することができます。採点基準が判然としない国語という科目では、他者の答案に対する評価を知り、論理的な基準を自分の中に築くことが大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

国語第三回