国語第三回

0

こんにちは、スタッフAです!
今日は、最も参加人数の多い、国語の授業が行われました。

前回に続き、東大入試2011年第一問(四)(五)の解答を事前に提出し、名前を伏せた上で、互いに講評しました。他の生徒の全力の回答と比べることで、自分の悪いところが明確になります。さらに、自分では容易に思いつくことのない言葉を見ることで、語彙を増やすことができます。

ぼくは国語の問題を解いたことはありますが、東大の入試を解くのは初めてで、その解法や注意点も聞いたことがありません。敬天塾で先生の話を聞くと、いかに自分が、ぼんやりと問題を見ていたかがわかりました。

(四)「ボガードのこの印象的な言葉は、現に起こっているプライバシーの拠点の移行に対応している」とはどういうことか、説明せよ。

東大の問題は、ぼくが今まで出会ったどの問題よりも圧倒的に難しい。
まず、問いが複雑です。

「~~プライバシーの拠点の移行」とはどういうことか、

ではなく、

「~~プライバシーの拠点の移行に対応している」とはどういうことか、

となっています。
本文中から「~~拠点の移行」は比較的容易に読み解くことができます。しかし、「対応している」については、生徒だけでなく参考書も、多数の支持を得られるような解答が示せていなかったと思います。
東大の入試では、問題文を精読し、複雑な要求に正確に答える必要があります。授業を受けて、このような問題文になっていることには必ず意味があり、それを無視して回答することは悪手だと感じました。
さらに、扱われる本文と本文内で引用された文章や言葉も、婉曲な表現ですぐには理解できないものが多く、解答には高い読解力と情報処理能力が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

国語第二回

次の記事

国語第四回