国語6月①、2013年第一問

こんにちは、スタッフAです!
今回は、授業前に先生からこのような指示を頂いていました。

東大文系入試2013年第一問について
①全員の答案に目を通し、評価してください。
自分なりでOKです。点数でも可、ABCDでも可、提出義務はないので、自由に。
②各答案について、良い点と悪い点を発表できるように準備してください。
改善点への指摘が多くなりがちですが、良い点、盗める表現なども考察してください。
③各答案を改善できるとしたら、どのような案があるか、考察してください。もちろん、ぜひ授業の時には発表してあげてください。

結果、今までで最も白熱した授業になりました。
生徒同士のするどい意見や考察、指摘、提案は、参加者全員の糧となったと思います。
授業中に行われた指摘等の一部をまとめました。

答案では一般語で書くのがルール
筆者の造語やその作品特有の意味が付加された言葉は使わない。例えば、今回の設問では「対話」の使用は控えたほうが無難かもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

国語第四回