どうする? 夏期講習!【個別の有料販売】

2021年6月の【今月の特集記事】のバックナンバーです。

スタッフOです。早い所では5月の中頃から、夏期講習の案内を渡された受験生も多いことでしょう。ただし、塾側から提案された受講案が受験生にとっての最適解かというと必ずしもそうではありません。また、予備校のパンフレットを見ていても、良いことしか書かれていないので、貴重な時間とお金の無駄に終わる可能性もあります。

そこで、夏期講習選びに際しての注意点をいくつかご紹介したいと思います。まずは、チェックリストです!

〜 チェックリスト簡易版 〜

□ 担当講師の評判や指導技術をチェック
□ 添削の有無・回数・添削担当者が誰かチェック
□ 質問時間はあるか・ 講師が回答してくれるのか
□ 講座以外の質問に答えてくれるか
□ テキストの中身をチェック(東大特化か?)
□ 夏を活かす戦略を示してくれるか
□ 自分の現状をしっかり分析できているか
□ 通期授業の延長のような性格があるか
□ 移動時間はどれくらいか
□ 復習する時間を確保できるコマ数か
□ 自習室は確実に利用できるのか

以上の11項目は必ず確認するようにしてください。

それでは、項目ごとに詳しく見ていくとしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)