【中学受験で決まる東大受験43】中学受験の合否で一生のトラウマを残さないために「第一志望の捉え方」を再考しよう。強すぎる意志は、時に心を滅ぼす。

志望校への強い思い入れがある程に、子供達は頑張れます。そこに憧れがあるから、遊びたい気持ちを抑えて勉強できるんです。

そこに私は尊さを覚えます。

そして、それと同時に、危機感をも抱きます。

ご存知のように、サピックスのα1に在籍していても第一志望校に合格する子は一握りです。つまり、落ちる人の方が多いわけです。もちろん、それを見越して、併願校を考えていくわけですが、第一志望に対する思い入れが親子で強い場合、他校は眼中にすら入りません。

ただ、もし、万に一つ、億に一つ、ご縁をいただけない結果で終わってしまった場合、子供のみならず親御さんが鬱状態になってしまうケースが後を絶ちません。

「うちは大丈夫です」と仰るお母様方でも、2月2日以降に表情は一変し、顔面蒼白になります。

もちろん、第一志望をどんどん下げよと申し上げるつもりはありません。志望校を下げれば、勉強に対するモチベーションが削がれ、本来なら受かるところも受からなくなってしまうからです。

ただ、ちょっとした「考え方」を取り入れていただきたいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)