2021年東大英語(第5問 エッセイ(物語読解))入試問題の研究

2021年東大英語第5問 エッセイ

講評

第5問 エッセイ

難易度 標準

出題形式は昨年度と同様、記述式2問、並べ替え1問、空所補充、そして内容一致問題で構成されていました。

文章ですが、まず最初のページに書かれていた第1〜第3段落までの内容が掴み取りづらかったです。ここで莫大な時間をかけてしまい、ある致命的なミスを犯してしまう受験生が続出しました。

それは、第4段落以降の後半の文章は読みやすく解きやすいのに、前半で時間を浪費し、焦りで冷静さまで失ってしまった状態で文章後半に臨んでしまったというミスです。

きっとこう思ったことでしょう。最初の三段落で悩みすぎるんじゃなかった・・・と。

ですが、東大過去問を研究していれば、この手の「地雷」が埋まっていることは十分に認識できたはずなのです。

やはり、ここでも過去問探究の重要性が見えてきます。

なお、試験会場で、設問Aと設問Bの解答欄が多すぎて、「どこまで書いたら良いのかわからなかった」という声が聞かれました。

合格者と不合格者の違い

では、高得点合格者の方は、どのような答案を書かれたのか見てみるとしましょう。

【111点合格者】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)