オープン授業【東大地理】日本地理 特別編〜災害と可住地面積割合〜

教科書や参考書には載っていないけれども、東大教授や予備校の先生が暗黙のうちに「あたりまえ」のこととして活用している知識がいくつかあります。

その一つが、可住地面積割合です。
この割合が小さければ、人の住める地域が少なくなります。
このことがもたらす数々の弊害を瞬時に思いつけなかった方には、本講座は非常におすすめです。

本講義では、割合の小さい順にまとめた資料をご提供するとともに、オープン授業【東大地理】日本第一講「災害編」、並びに第三講「都市人口編」で申し上げた諸事項と結びつけて、より実戦的な内容を扱っております。

ぜひ、お役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)