論理本の活かし方④

こんにちは。嫁です。

『ビジネスで差がつく論理アタマのつくり方』(ダイヤモンド社)をご購入くださった方、ありがとうございます!!

「シンプルに表現するのが苦手」という方に熟読していただきたいのが第3章!

私は平井基之の『ビジネスで差がつく論理アタマのつくり方』(ダイヤモンド社)P.83に感動しました!!!
偶数+偶数の表現、凄すぎて「数学って素敵✨✨✨」とテンションが上がりました!!!

では、こんなシンプルな表現、どうやって身に付けたら良いのでしょうか?

まずは自分で公式を作ってみてはいかがでしょうか?

「私から◯◯を奪ったら、何も残らない」という感じで「私-スイーツ=0」

「ケーキ+紅茶=嫌なことを忘れられる」

「向上心が高いあなた×向上心が高い私=夢が実現する」

「育児=育自」
「出産=山登り」
「対等=お返ししたい気持ち」
※四則演算を使わずに、イコールだけで考えるのもオススメです。「その心は…」と解説を加えてくださいね。

さぁ、あなたがシンプルに表現したいこと、イコールを使って公式にしてください。
文字数は10文字以内とか制限を設けてみるのもいいですよ。

ちなみに私が好きな公式☆
松下幸之助さんが仰っていた公式に、こんなのがあります。
「知恵=知識×熱意+経験」

私はコレを知って、「経験不足なら熱意で知識増やしてカバーしよう!」と燃えました。

では、今日はこの辺で〜。

コメントを残す