マクドナルドで偶然隣に座った5歳児のお蔭で、センター9割を取った話【後編】

------------------

私の記事が6ページ掲載されている月刊『正論』2月号発売中!!

『戦略的〝東大〟合格法 受験勉強には意義がある。』

お買い求めはこちらから か、書店で

掲載に当たっての思いはこちら  合わせて読むと2倍楽しい記事はこちら

------------------

受験生応援企画という事で、僕が一年前にセンター試験を受験した時のエピソードを書いています。

昨日の続きから始めますので、昨日の分を読んでいない場合は、是非そちらからお読み下さい。ここから飛べます。

 

さて、昨日はマクドナルドで5歳の女の子に“キッカケ”を頂き、センター直前に青ざめるという所まで書きました。

まさか、楽勝だと思っていたセンターで、足切りスレスレの点数を取るとは・・・

 

センター試験まで残りあと2週間弱。あまりたくさんの事は出来ません。

目標は9割越えとは言いつつ、あまり気にし過ぎず、足切りを越えれば良いかなぁと思っていたのがいけませんでしたね。

何事も舐めてかかってはいけないと、今更ながら思いました。

 

そこで、あれこれ考えて出した結論は・・・

『2週間で全科目全範囲の総復習をする』

という作戦です。

 

英語なら、単語を全て見直して、文法事項もおさらい、長文の読み方なんかも一通り見直します。

日本史も、縄文時代から現代まで一通りのことを覚え直し。もちろん通史だけじゃなくて文化史もやりました。

国語も、地理も、大丈夫だと思っていた物理も化学も・・・

 

と、本当に全範囲の見直しです。

 

いや、僕も思いついた時、極端過ぎるかなと思いましたよ。だって、普通なら高校3年間をかけて学習する内容ですし、僕の場合東大受験生ですから科目も多い。

 

しかし、やると決めたらやる!!

一見無茶そうな作戦でも、やってみると意外と出来るものです。

まあ、その二週間はかなり必死で毎日勉強していましたけどね。朝から晩まで、ひたすら色んなことを覚えまくってました。

 

 

そして、センター試験を受験した二日目の夜。

東進ハイスクールから出される解答速報を心待ちにしながら、自己採点をすると・・・

なんと、目標点ピッタリ!!

 

下の表をご覧ください。

上の段が受験前に作った目標点で、下の段がセンター試験で実際に取った得点です!

 

一つ一つの得点は少しずつブレてはいるものの、合計点がピッタリ820点になってるのが確認できるでしょう!

約二週間で、センター8割から9割まで点数を伸ばす事が出来ました。

 

今考えると、あの女の子が僕の勉強の邪魔(笑)をしてくれなかったら、ここまで危機感を覚える事もなかったでしょうし、無茶だからといって全科目全範囲総復習するのを止めていたら、このような結果は無かったでしょう。

 

受験生の皆さん。

センター試験まであと2週間ほどですが、やろうと思ったら、一見無理そうな勉強量でも出来ます!

 

これからの人生、何十年も生きていくでしょうが、この2週間は人生の中でも最も頑張らなければならない時間でしょう。

そう分かっているのに、たった2週間さえ頑張れない自分で良いですか?

これまで本気だと思っていた自分を越えて、チャレンジしてみませんか?

 

人生で最も頑張らなければならないとわかってる、2週間を頑張れない自分だったら、この先の人生で同じような局面が起こって何が出来るのでしょう。

 

是非とも、後で振り返って後悔しないような時間を過ごして欲しいと思います!

 

という事で、センター試験を乗り越えた話は終わりです。

が、明日もセンター試験関係の話をしましょう。

『僕が一年前に、センター試験を受験した際に気付いた事リスト』を発表します。

------------------

私の記事が6ページ掲載されている月刊『正論』2月号発売!!

『戦略的〝東大〟合格法 受験勉強には意義がある。』

お買い求めはこちらから か、書店で

掲載に当たっての思いはこちら  合わせて読むと2倍楽しい記事はこちら

------------------

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)