【中学受験で決まる東大受験22】第一志望校に合格するための1月受験校選定戦略

+3

サピックスでも早稲田アカデミーでも、1月の前受け校についてのお話がなされていると思います。代表的なところでは、千葉の市川中学や東邦大東邦中学、埼玉の栄東中学や大宮開成中学、その他都内でも受験ができる北海道の函館ラサール中学や愛知の海陽中学などがメインの学校になります。

まず、1月の前受け校を考えるにあたっては

① 試験慣れ
② 本気度を上げさせるため(2月1日に向け喝を入れるため)
③ 実際に通ってもいいと思える学校があるため

の3点がメインとなります。

③でしたら受験は必須となりますが、本命校との出題傾向の差異には留意してください。差異があるとして、対策にどれくらいの時間資源を投下せねばならないのか吟味検討することは極めて重要です。なぜなら、どこの学校にも受かる実力をつけることは開成合格者でも容易ではないからです。

次に、①と②を目的とする場合、留意すべき事項があります。則ち、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)