【中学受験で決まる東大受験21】エセ学力・エセ授業に気をつけよ! 間違った思考力育成に注意せよ!

+3

こちらの問題を先ずご覧いただきたい。

Q かぎかっこ中の言葉にはまちがいがあります。おうちの人といっしょにかんがえましょう。

きょう、ぼくが「かうらっこが」かえって、いえの「ろうかにはない」とおもったら、「かどがあったかなあ」。だから、かぎをつかって「あいてはけったよ。」

これは、有名な塾の小学校低学年向けの思考力育成講座の問題である。恥ずかしながら、筆者は解けなかった(笑)。というより、この問題を解くことこそ思考力だと声高に主張する教育関係者の品性を疑ってしまう。

だが、みんながやっていると、それが真なるものだと思い込んでしまうのが怖いところだ。こうした一種の洗脳商法には気をつけねばならない。保護者にも情報の真偽を見抜く目が高度に求められている。

今後、ますます中学受験は過熱するだろう。だが、良質な授業を提供できる教師の数に限りはある。その結果、得体の知れない講師の犠牲者が尽きることはない。以下、中学受験専門を謳う某塾・某有名家庭教師の言葉をいくつかご紹介するとしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)