ご挨拶

こんにちは。東大に文理両方合格した男で、受験戦略家の平井基之と申します。
このサイトを訪れて下さり、ありがとうございます。

私は一言で言えば「戦略を用いた大学受験の専門家」で
日本一東大入試対策を徹底して行う塾を運営しております。
詳しくは、こちらのご紹介ページからご覧ください。

このHPの他にも、アメーバブログ
「東京大学に文理両方で合格した男が綴る、受験の戦略」を、頻繁に更新中です。
どうぞ両方お楽しみ下さい。

このHPの新しい投稿内容はこちらから

<自己紹介>

なぜ勉強しなければならないのか
学校の勉強が何の役に立つのか
こんな疑問に正面から答えを出さないまま、学校に通ってはいないでしょうか?

私は10年以上、様々な教育現場に携わってきました。

18歳で東大理Ⅰに合格したあと、アルバイトで個別指導塾、
東大卒業後は、大手学習塾で東大受験者専門コースの集団授業を4年、
退職して、高校の教員として最難関大を受験する生徒の指導を4年、
独立した後は受験戦略家として、このHPでご紹介しているような様々な活動を行っています。

このように、多様な教育現場に携わりましたが、冒頭の疑問は解決しませんでした。

誰もが、学校の勉強よりも大切なことがあると知っています。
しかし、それをしっかり教えてくれる人はいません。

だったら、自分がそういう事を教えられる先生になってしまえば良いではないか、と思いつき行動を起こします。
学校の勉強は大切だ。しかし、それ以外にも大切なことがたくさんある事を伝えたい。
そのために私が採った手段は、二度目の東大受験でした。

2015年4月(当時30歳)
一年で東大文Ⅲに合格プロジェクトを開始。
大人になってからの東大受験は、様々な壁があったものの、
無事に宣言通り、1年で東大文Ⅲに合格。東大に文理両方で合格した男となります。

現在は、「受験戦略家」の肩書で家庭教師や個別指導、作家、タレント活動、セミナー講師など幅広く活動をしています。

未来の子供たちに良い国を残せるよう、これからも精力的に活動していきます。