マクドナルドで偶然隣に座った5歳児のお蔭で、センター9割を取った話【続編】

まだまだ粘れ!!

 

年末に、二つ変なタイトルの記事(笑)を日本続けて書いたんですが、
非常にたくさんの方に読んでもらえましたし、好評を頂きまして、ありがとうございました。
今日は、この続きの話を少し書こうと思うんですが、簡単にあらすじの復習を。

あらすじ

センターを舐めていて、マクドマルドで勉強をしていた僕の隣に、5歳児が座って、僕の勉強の邪魔(!?)をしました。
それによって、点数が低く出たため、チャンスに変えようと、
「2週間で全科目全範囲総復習作戦」
を実施する事を決意。無謀にも思える勉強量にチャレンジしたため、見事センター試験の目標点をピタリ当てられたという話です。
この「二週間で全科目全範囲総復習作戦」を実施するにあたり、僕が意識していたことを書こうと思います。

二週間で全科目復習のポイント

それは、一日の勉強で15点アップさせること。
色々考え抜いた結果、僕の考えでは一日の勉強で15点アップさせるまでなら可能だろうという結論になりました。
そんなの、計算出来ないじゃないか、と言われたらその通りなんですが、一日の勉強で15点をもぎ取るという意識を持つことによって、勉強の質も高まりますし、勉強すべきポイントが明確になります。
例えば、最も説明しやすいのは日本史ですね。
古代史が苦手とか、文化史が苦手だと言ったら、そこの分野を完璧になるまで勉強する。
すると、失点分をカバーできますから、この2時間で4点上げられたな、なんて計算する事が出来ます。
こんなことを、各科目や各分野で意識しながら勉強していると、結構楽しみながら毎日を過ごすことが出来ます。
「今日は17点ゲット~!!」
なんて、嫁に聞いてもらいながら、過ごしてましたね。
実際は、一日15点ずつ上げていくと、目標点を軽く超えてしまうんですが、そんなことはあまり気にせず、毎日の目標を決めたというのが良かったんだと思います。
ちなみに、短時間で大幅に点数を伸ばそうと思ったら、暗記科目に注力した方が有効です。やろうと思ったら、人は想像以上に、短時間で大量の知識を覚える事が出来ますので。
「もうセンター直前だから、大きくは伸びない。」なんて言われることもありますが、そりゃ普通にやってたら伸びないでしょう。
普通の人と違うような効果的な方法を、時間と労力と気合いを全て注ぎ込んで勉強するから伸びるわけです。
今日の残り時間と、明日、明後日で、まだまだ数十点伸ばそうと思えば伸ばせる可能性はありますよ。そう思って、最後の集中力を発揮して頑張りましょう!

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)