数学6月③

0

こんにちは、スタッフAです。
今回は、領域図示。直線や放物線が通過する領域について、学校では整理して詳しく習わないことが多いそうです。だから、今回は特に受験に役立つ情報を紹介できると思います。
通過領域の解法には、


① 解の配置(逆像法)
② ファクシミリ論法(順像法)
③ 包絡線の利用

3つがあり、それらを塾長が手書きのレジュメで解説してくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

数学6月②、領域図示

次の記事

数学6月④