2021年度オリエンテーション

+2

こんにちは、スタッフBです!

今年度最初の授業が始まりました。

 

 

まずは、スタッフと生徒の自己紹介です。

今年は塾長やぼくを含むスタッフ6名が生徒の皆さんをサポートします。

次に塾のサービス内容が説明されました。

数学は月4回、英語、世界史、日本史、地理、国語は月2回の授業が行われます。

今年も、地方からオンラインで授業に参加する方がおり、ぼくのように東京に住んでいる者も基本的にzoomで参加する予定です。

参加者の都合が悪ければ授業日程を変更することも可能で、リアルタイムでは参加せず録画を後から確認することもできます。

先生に直接会うことがなくとも、プレミアムコースの生徒は電話やLINEで好きなだけ質問をすることができるので安心です。

質問する勇気は合格力です。東大入試は論理をとても重要視しています。その論理は、テキストに載ってないことも多いため、疑問点は積極的に質問して解消してください。

 

 

英語の授業について

英語に限らないことですが、東大入試では繰り返し類似の問題が出題されます。

前期の英語の授業では、東大入試の指定年度の大論述を事前に解いて提出し、匿名で共有、教材として使います。

英語を担当される先生は、現役時代に単語帳を140周以上読んで、糊が剥がれたそうです。反復こそ正義。単語が覚えられない方は参考にされてください。

 

 

科目別の授業は来週月曜日からスタートです。この知恵の館で授業内容を紹介しますので、1年間よろしくお願いいたします。

 

フォロー大歓迎!

+2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)