おかべぇ先生の「勇者に贈ることば」 VOL.10【毎月20日掲載】お楽しみの「収穫」期

最高の季節がやってきました!
11月というと、焦り出す人もいますが、とんでもない!

夏に蒔いた「タネ」が芽吹き、お楽しみの「収穫」期に入りつつあるのですから。

シシオドシをご存知でしょうか。日本庭園には付きものですよね。水が溜まれば、必ずコンと心地よい音を立ててくれますよね。
受験勉強も全く一緒です。科目によって、成果があらわれるまでに要する時間は異なりますが、努力は決して裏切りません。

話は変わりますが、紅葉の三条件ご存知ですか。

紅葉が美しく色づくには三つの条件が必要なのだそうです。

「昼間の日差し」、「夜の冷気」、そして「水分」の三つです。

紅葉の原理は、どこか人生というものを思わせぬでもないですね。

悩みと苦しみ(=冷気)に打ちひしがれ、

数かぎりない涙(=水分)を流し、

周囲からの励ましや温かさ(=日差し)に触れると、

人の心も赤く、黄色く、美しく、色づく。

以前、受験とは人生における通過儀礼ではなく、己の真価を問う闘いだと述べました。
それゆえに、受験はつらく、それゆえに苦しいのです。思うように結果が伴わなければ、イラつきもします。不安にもなります。

ですが、それだけ自分の人生に一生懸命だということでもあります。そして、つらい局面に立たされた時にだけ、あなたのことを本当に愛してくれる人が誰か気付かされる契機ともなるのです。

古くからの言葉に、「暗闇の中でしか、光を感じることはできない。」「親友が1人いれば、あなたは幸せもの。親友が2人いれば、あなたは世界一の幸せもの。」という言葉があります。

友に限らずとも、心が凍てついた時、温もりや優しさが身にしみるものです。そうして、再び立ち上がる勇気と元気をもらい、我々は今日まで成長を続けてきたのです。

これからの4ヶ月、心に涙雨が降ることもあ
るやもしれません。ですが、そんな時、そっと「傘」を差し出してあげたいと私は切に願っています。いつも申していることですが、「相談する勇気=合格力」だということを心に留めていただけたら幸いです。

知恵の館では、あなたを応援する言葉や戦略を多くご紹介しています。一人で悩まず、知恵の館の門を叩いてみてください。きっと、何か新しい視野を得られることでしょう。

「考え方」が変われば世界は変わります。今日もステキな1日となりますように。

フォロー大歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)