おかべぇ先生の「勇者に贈ることば」 VOL.6【毎月20日掲載】東大英語過去問はいつから解けばいいの?

まずは、○×クイズです。

Q1 過去問は、しょせん過去の遺物だからやらなくてよい

Q2 東大模試を受ければ傾向と対策が出来るから過去問に特段触れる必要がない。

Q3 合格体験記を見ていると、過去問をそもそもやっていない人や1〜2年分しか解いていない人もいたので、自分もそこまで過去問対策はしなくて良いと思っている。

Q4 十分な実力をつけてから過去問を解くべきだと思うので、受験年度の12月以降にやればよい。

Q5 東大英語対策と銘打たれた予備校の授業を受けているので、そちらの復習を中心にすれば過去問は特段やらなくてもよい。

いかがでしたでしょうか。

○が一つでもあった方は、警報発令です。

「合格の呼吸」でも申し上げた通り、東大の出題傾向を知ってこそ、戦略を打ち立てられるのです。

全集中 「合格の呼吸」壱ノ型 〜 覚悟 〜【毎月10日掲載】

野球で言えば、素振りや走り込みだけしていれば、試合で勝てるのでしょうか。敵チームの過去の試合をビデオ分析したりしますよね。その上で、配球やバッターの配置を考えているはずです。この理は、東大受験でも然りです。漫然と英単語帳や英文法問題集を解いていれば、いつの日か東大過去問が解けるようになるなど幻想です。

東大が求める傾向を知ってこそ、対策が取れるのです。この点、東大模試は直近の東大過去問の傾向を受け、見かけだけは同じ構成にしていますが、中身は驚くくらいに違います。また、東大は数年前の問題をリメイクして出してくることがありますので、模試だけで東大の出題傾向の全てを知ったかのように思うのは極めて危険です。

東大過去問にたいして触れずに合格された方は確かにいらっしゃいますが、その方は帰国子女の方や幼少期から英検1級などを取られた方ではありませんか。数学など他教科で合格点を稼がれたのではありませんか。東大合格者は3000人います。これが意味するは、3000通りの合格戦略があります。数名の合格体験記を読んだだけで、全てを理解した「つもり」になってはいけません。

また、東大の作問担当の教授も、「過去問」を参照しています。データがあるんです。この問題では、正答率何%だったといったデータがあるのです。当然、それらも参考に問題をつくります。東大教授ですら過去問を参照するのに、どうして受験生は過去問を参照しないのでしょうか。

さらには東大英語と銘打たれた授業の大半は、東大対策にはなっていません。そもそも、東大過去問を自分でやっておきなさいと指示する先生がほとんどです。リスニング対策は設備の都合からほとんど行われず、名著ではあるものの何年も改訂されていないキムタツリスニングを使うよう指示する予備校も少なくありません。

つまり、東大英語の進化速度に、予備校の対応が追いついていないのです。予備校の授業で鍛えられるのは、概して構文解析能力と文法力です。ですが、速読力や表現力、リスニング能力などは、そもそも訓練されていませんので、いずれも自主性に委ねています。

自分でできる子もいます。ですが、自分でできない子の方が多いわけです。ただ、いずれにしろ、過去問分析から全ての物語は始まります。受験学年でない方も、ぜひ、丸一日かけて、1年〜2年度分の過去問を分析されてみてください。共通テストのリーディングで80点出せる実力があれば、分析できると思います。その上で、どのような点に注目して学習を進めるべきか、書き出してみてください。その際、知恵の館の過去記事も併せてご参照いただくと有益です。

たとえば、

(総論)

東大英語の攻略法 VOL1

 

(第1問対策)

東大英語の攻略法 VOL2

 

(第2問対策)

東大英語の攻略法 VOL3

(第3問対策)

東大英語の攻略法 VOL4

(東大リスニング満点奪取の極意シリーズ)

VOL1

東大英語リスニング満点奪取の極意 其の壱

VOL2

東大英語リスニング満点奪取の極意 其の弐

VOL3

東大英語リスニング満点奪取の極意 其の参

VOL4

東大英語リスニング満点奪取の極意 其の四

(第4問対策)

東大英語の攻略法 VOL5

(第5問対策)

東大英語の攻略法 VOL6

あたりは、オススメです。

過去問を探究し、東京大学合格をぜひ掴み取ってください!

フォロー大歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)