オープン授業【東大日本史】第1講 東大日本史の攻略法 入門

「日本史は暗記すれば大丈夫」という甘い考えの受験生を容赦なく切り捨てる。それが東大日本史です。
東大日本史は、あまりにも他の大学とは異なります。
だから東大日本史に合わせた勉強をしなければならないのです。

突然ですが、昔話をします。
かつて私(平井)が東大文系受験を志していた頃、東大模試を受験するたびに日本史の点数が低くて悩んでいました。
何せ、夏は7点、秋4点。一番高くて13点です。
4回の東大模試で、合計31点、
偏差値は平均して38.8しかありません。

では、暗記を怠っていたかというと、そうではありません。
スタディサプリのトップ&ハイレベルの授業内容はほとんどすべて覚えていましたし、それ以外の参考書の内容もしっかり覚えていました。
証拠に、マーク模試では偏差値70以上とか、94点とか取っていましたので、それなりに覚えていたと思います。

秋の東大模試を過ぎたころ、さすがにヤバイと思いたち、模試の復習をして、じっくり東大日本史の解法を検討していたところ、
衝撃の事実!
「全然、やってることが違うじゃん!」
そう、私は暗記しかしてこなかったので、東大日本史の特徴も、解法も、何もかも知らずに模試を受験していたのです。

ここから大きく軌道修正して、本番の開示では44点。晴れて東大に合格したのでした。

さて、私はかなりの遠回りをしましたが、生徒の皆さんには無駄な遠回りをしてほしくないと思います。
そこで作ったのが本講座です。
ジャケットの一番上のボタンをかけ違うと、一番下までズレてしまうように、東大に通用しない勉強でスタートしてしまうと、最後まで通用しないままになってしまいます。
まずは東大日本史の特徴を知り、通用する勉強法資料文の読み方求められる記述力を知ってください。
知ることで、今後の皆さんの勉強の方針が東大に合わせたものに変えられます。

戦略の1歩目は情報収集です。
目先の暗記に「逃げる」ことなく、東大を知ることから始めましょう。
私の日本史の点数が大きく飛躍した秘訣、そして本番で40点以上の点数を取る塾生が続出するノウハウを詰め込んだ渾身の講座を、とくとご覧あれ。

【おススメの受講者】
こちらの第1講は、東大の日本史の特徴を掴むことを目的としているため、日本史の知識がない人でも受講できるように工夫されています。
日本史の知識が全くないような、小学生や中学生などでも受講できるようになっています。

一方、すでに日本史の知識がある方や、東大受験を控えているような受験生にも満足していただけるよう、東大過去問の解説や、答案の書き方、良い答案を書くコツなどもかなり詳しく解説しています。
特に、東大日本史の解説授業となると、周辺知識の確認や、背景状況の解説などがメインとなることが多いと思いますが、本講座では問題の解き方にかなり重点を置いています。
資料文の読み方、設問要求への応え方、よくあるミスの防ぎ方など、得点に直結する内容を盛り込んでいますので、ぜひご受講下さい。

(編集部注)以下、約1時間半の授業動画とダウンロード可能な資料(問題・サンプル答案・解説)がございます。
なお、サンプル答案には、塾長の解答例の他、4名の生徒の解答を用意してます。

ぜひご自身で問題を解き、
サンプル答案を自分なりに添削してみた上で、
授業動画をご覧ください。

授業動画(約1時間半)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)