2012年 東大国語 第2問(古文)『俊頼髄脳』解答(答案例)

はじめに

高度な和歌の解釈が求められています。
和歌の対策として挑戦してみてください!

解答例(答案例)とプチアドバイス

(一)傍線部ア・イ・ウを現代語訳せよ。【各1行】

ア 葛城の山、吉野山とのはざまの、はるかなる程をめぐれば、事のわづらひのあれば

答案例:行き来において苦労があるので、

プチアドバイス:「不都合な事情が・(何か)面倒事が」と訳すと、迂回することの面倒さ以外の不都合(例えば関所)があるようにも読めます。「行き来・往来」のような語が必要です。

 

イ 凡夫(ぼんぷ)のえせぬ事をするを、神力(じんりき)とせり。

答案例:普通の人ができないことをするの力を、神の力と称している。

プチアドバイス:サ変「す(為)=do」は柔軟に訳しましょう。「~とみなしている〔と考えている・と言っている〕」など。
「神の力としている」だと日本語として合いません。

 

ウ たふるにしたがひて法施をたてまつらむ

答案例:持ち堪えられる限度まで

プチアドバイス:「橋ができた結果に応じて〔準じて・次第で〕」という方向の解答でも良いと思われます。「かたじけなくも」とお願いする態度からとは矛盾するのですが、この後に神を縛ってしまう役の行者のキャラクターなら言いかねないので…。

 

(二)「我がかたち醜くして、見る人おぢ恐りをなす」(傍線部エ)とあるが、どういうことか、わかりやすく説明せよ。【1行】

答案例:一言主の神の容貌が醜く、見た人は怖くて震え上がるということ。

プチアドバイス:「見る人」は「人が見たら(その場合は)」という仮定が適切です。「見た人」ではなく「見る人」と書いた場合に許容されるかどうかは不明です。「見た人」に変えた方が無難でしょう。

 

(三)「その夜のうちに少し渡して、昼渡さず」(傍線部オ)とあるが、一言主の神はなぜそのようにしたのか、説明せよ。【1行】

答案例:醜い容貌を人に見られぬように昼は避け、夜も大胆には作業しなかったため。

プチアドバイス:「その夜のうちに少し渡して」の部分にも傍線が引かれています。「昼渡さず」の理由だけでは不足です。

 

(四)「ひまはざまもなくまつはれて、今におはすなり」(傍線部カ)とあるが、どのような状況を示しているのか、主語を補って簡潔に説明せよ。【1行】

答案例:一言主の神が隙間もなくつる草に縛られて、今も葛城山にいると伝わる状況。

プチアドバイス:「ひまはざもなく」は古語「ひま(隙間)」や現代語「はざま(狭間)」から考えましょう。

 

(五)冒頭の和歌は、ある女房が詠んだものだが、この和歌は、通ってきた男性に対して、どういうことを告げようとしているか、わかりやすく説明せよ。【1行】

答案例:顔に自信が無いから、見られぬよう夜明け前に帰ってほしいということ。

プチアドバイス:この本文の一言主の心情になぞらえて考えると、この女房も一言主のように容貌が醜いのを気にしていそうですね。

 

【さらに深く学びたい方のために】

敬天塾では、さらに深く学びたい方、本格的に東大対策をしたい方のために、映像授業や、補足資料などをご購入いただけます。
ご興味頂いたかたは、以下のリンクからどうぞご利用下さい。

映像授業【東大古文 和歌編】(1999年『百首異見』・2005年『住吉物語』解説付き)

映像授業コース(旧オープン授業)【東大古文・漢文】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)