センター合否判定システム一覧。東大の足切りの予想ライン比較(河合、駿台、東進)過去3年分あるよ

◆日本一徹底して東大対策を行う塾 東大合格「敬天塾」

弊塾のサービスは、全てオンラインで受講が可能です。
地方の方、仮面浪人の方、社会人受験の方など、広く皆さんにご受講いただけます。
ご希望のサービスを、以下からお選び下さい。

【2021年に東大を受験したい方】
≪東大文系受験者対象≫敬天塾プレミアムコース生徒募集はこちらから
≪東大文系受験者対象≫オープン授業【東大文系数学】はこちらから

【数学・英語の基礎を学びたい方】
≪新高1・2生対象(復習したい高3以上・先取したい中学生もOK)≫ベーシックコースはこちらから

【敬天塾について知りたい方】
敬天塾の理念
敬天塾からの東大合格者インタビュー(ノーカット)はこちら
東大生や東大卒業生への指導依頼はこちら
スタッフの募集ページはこちら

スタッフの募集ページはこちら

 

河合、駿台、東進の合否判定と東大足切り予測

センター後と言うこともあり、頻繁にブログを更新しております。

宜しければ、記事の一覧から読み飛ばした記事もご覧くださいませ。

 

では、本題です。

各社の合否判定システムが稼働し始めましたね。

河合塾のバンザイシステム

駿台の選太君

東進の合否判定システム

合否判定が出たということは、東大の足切りライン予想も発表されたということ。
去年から読んで下さってる読者の方ならお馴染みかと思いますが、今年も本ブログでは東大関係の生データをドンドンアップロードしていこうと思います。
是非とも、情報で東大受験を有利に進めて下さいませ。
では、今年の各社の予想データです。

去年、こちらの記事(東大の足切りラインを、最も正確に予想する方法)にも書きましたが、予備校の足切りライン予測はあまり信頼出来ません。
2017年と2016年のデータも見てみましょう。
2016年に関しては、足切りがない科類が半分ですし、2017年も数十点ズレています。
予備校さんもツラいお立場かと思いますが、残念ながら信頼して出願出来ません。
ということで、あまり信頼しないまでも、参考にして出願先を決めましょう。
ひとまず速報でした。

◆日本一徹底して東大対策を行う塾 東大合格「敬天塾」

弊塾のサービスは、全てオンラインで受講が可能です。
地方の方、仮面浪人の方、社会人受験の方など、広く皆さんにご受講いただけます。
ご希望のサービスを、以下からお選び下さい。

【2021年に東大を受験したい方】
≪東大文系受験者対象≫敬天塾プレミアムコース生徒募集はこちらから
≪東大文系受験者対象≫オープン授業【東大文系数学】はこちらから

【数学・英語の基礎を学びたい方】
≪新高1・2生対象(復習したい高3以上・先取したい中学生もOK)≫ベーシックコースはこちらから

【敬天塾について知りたい方】
敬天塾の理念
敬天塾からの東大合格者インタビュー(ノーカット)はこちら
東大生や東大卒業生への指導依頼はこちら
スタッフの募集ページはこちら

スタッフの募集ページはこちら

フォロー大歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)