1年後に東大に受かる人とは

合格する人には共通の特徴がある

今年、東大を受けたかた、本当にお疲れさまでした。 今年の受験は、本当に厳しかったようです。今年の入試で高得点が取れた人は、本当に素晴らしい学力を持っていたと誇ってよいと思います。

さて、敬天塾にも来年の受験を希望する方々からの問い合わせが、ひっきりなしに来ています。 この記事の読者の中にも、いらっしゃりましたら、本当にありがとうございます。いつも心から感謝しております。

しかしながら、受験には合格する人と、しない人がいます。 始めて間もない、この定期購読マガジンの中でも何度も書いていますが、同じ教材、同じ授業、同じ時間だけ勉強しても、成績が伸びる人もいれば伸びない人もいるし、受かる人と受からない人がいるのです。

つまり、明らかに人間には差があるし、受かりやすい特徴や受かりづらい特徴があるわけです。
言い換えれば、受からない特徴をたくさん持っている人は、いくら良い教材で、すごい授業を聞いて、たくさん勉強しても受からないのです。

そこで、今回は受かる特徴と、受からない特徴をいくつか列挙してみようと思います。 ちなみに、「受かる人は成績が良い」みたいなつまらない事は書きません。成績がよくても落ちる人はたくさんいますので。

1、頑固は原則として悪。

ハッキリ言います。
特にコツコツ頑張っている女の子には、頑固な子が多いです。そして頑固な子は成績が伸びませんし、受かりません。
頑固というのは、他人のアドバイスを聞かず、自分の意見を優先するということです。

先生や他人から意見を聞いた時に、心の中でつい反発心を持ってしまう人は注意してください。かなり危険です。 こういう人の特徴としては
・感情で判断する
・これまでの流れを大事にしたがる(流れを変えたがらない)
・「頑固なところがある」と言われたことがある(けど、結局変えていない)

です。
自覚症状がないことも特徴的です。

但し、「良い頑固」もあります。それは、アドバイスをくれた人よりレベルの高いところで戦っている人の「頑固」です。
他人からアドバイスを受けても、感情ではなく論理的に自分の方法の方がよいと判断出来ており、かつ結果も出していることが前提条件です。 結果を出しているというのは、やや抽象的な表現ですが、偏差値65とか、模試でC判定ほどの「東大を狙えそうだ」レベルでは全く足りませんので、注意してください。

むしろ、たくさん勉強しているのに、偏差値65やC判定しか取れない場合、勉強量よりも内容に問題がある場合が多いです。

直感的ですが、「良い頑固」レベルに達している人は、東大受験生の中でも多くても50人に1人くらいしかいません。原則として「頑固は悪」だと思ってください。

2、素直な人の方がよいが、無条件の受け入れはダメ

逆に、素直な人は概ね良いです。

素直というのは、他人のアドバイス通りに(自分の感情とは関係なく)動ける人のことです。

ポイントは「アドバイス通りに動ける」というところ。決して「素直そうに話を聞く」とか「そうします、と返事をする」ことではありません。
先生向けに書いておくと、素直な返事をする生徒や、素直に話を聞く生徒はかわいがりたくなりますが、「行動」で生徒を評価しないと痛い目に合います。ご注意下さい。

というのを読んでて分かりますが、先生にかわいがられる人や、優等生タイプな人には、「素直っぽく見えている人」が多いです。気を付けてください。

もう一つ落とし穴ポイントを言っておくと、素直に行動するとしても、先生の言うとおりにするだけの「傀儡」ではダメです。
先生の言うことを聞くだけの操り人形では、勉強のような頭を使う作業で高い成果を出すことはできません。
アドバイスを頂いたときに、その人の言いたいことは何か、どういう行動を求めているかなどを探りながら聞き取り、忠実に実行できなければいけません。
上下関係が厳しい部活の出身者や、「真面目なのに要領が悪い」と言われる子に多い傾向があります。気を付けましょう。

と、ここまでは性格面のアドバイスです。
もし上述の指摘に当てはまってしまった場合、徹底的に意識して変えてください。「性格なんか変えられない・・・」と思ってしまった方は、「考え方を変える」と捉えると良いでしょう。
受からない人から、受かる人になりたいなら、考え方のクセを矯正する必要があります。

さて、ここからはさらに具体的に指摘しましょう。 散々、「素直に言うことを聞け」と言っておきながら・・・  

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)