【中学受験で決まる東大受験⑦】ケアレスミスを科学する (SAPIX生・鉄緑会生推奨)

東大受験生のみならず中学受験生は、この時期(9~10月頃)スパートをかけていることだろう。模試や過去問で演習量が増えるなか、ケアレスミスをしてしまう方も多いのではないか。

ケアレスミスを前にして、「うっかり間違えちゃった。でも、解き方は完璧だったよ」と言って、正解扱いにする方も多い。もちろん落ち込んでいるときは、励ましのために甘く丸をつけることも大切ではある。だが、1点足りずに落ちる受験生も(東大では0.02点足りずに落ちる人もいる)いるなか、ケアレスミスと言って重大視せずスルーしてしまって良いのだろうか。間違いの徹底分析の中に、合格につながる「宝」が埋まっているのではないだろうか。

以下、「凡ミス」と呼ばれるものの類型化を試みたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)