国語7月①、古文

こんにちは、スタッフAです。
今回から、国語は古文を扱います。初回であったためか、塾長に加えて、もうひとり先生にご参加いただき、話を伺いました。その先生と塾長から学んだことを整理しています。

漢文について

問題を解く機会が少ない。
背景知識が少ない。
センター試験の過去問を30年分解こう。
塾生向けに用意したプリントと推奨したテキストを読もう。

古文について

こちらはセンター試験の過去問ではなく、東大の過去問を数十年分解こう。
現代文よりさらに知識を要する。古文単語、古文常識といった知識を習得した上で、長文を読み、文の中で単語がどのように使われているか知ろう。
現代の日本語として通じないものは、現代語訳とはいえないのではないか。逐語訳したのちに、現代文に直すべきかもしれない。ただし、自信がなければ、言葉は添えないほうが良い。

その他

仏教は、宗教というより学問・哲学に近い。
日本では仏教は、元々は貴族の間で信仰されていたものだったが、平安末期から鎌倉時代頃から庶民に広まった。
→仏教説話が生まれた。仏教説話とは、伝説や実話、エピソードを素材にして、神仏への信仰を一般庶民に説くためのもの。
英語などと異なり、東大古文・漢文の難度は大きく変化していないと言われている。
古文は素早く読むことが重要→古文を外国語と考えると、英語より省略が多い→よって、文脈を追わなければならないから。
東大入試においては、古文・漢文のどちらかが難しければ、もう一方は簡単になる場合が多い。よって、どちらかだけが得意であるような状態は避けること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)