国語6月②、2009年第1問

0

こんにちは、スタッフAです。
今回は、2009年第1問を扱いました。
事前に、参考書や有名私塾の答案を読み、自分で答案を作成して提出し、共有された他の生徒の答案を読み込んでから、授業に臨みました。
授業では、互いの答案について、良いところ悪いところを指摘します。入塾して2ヶ月半が経ち、答案、指摘の内容、指摘の方法のすべてのレベルが大きく上がったように感じました。
事実、受験国語でNGとされる方法(前回参照)で答案を作成する生徒はいなくなりました。これにより、個別具体的な指摘が中心になり、より充実した授業となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

次の記事

国語7月①、古文