2006年 世界史 第1問(大論述)答案

大論述は、解答がブレる

東大入試の中でも、最も長い論述問題が、世界史第1問。
それだけに、書き手によって差がつきやすい問題でもあります。

予備校などの模範解答を参考に勉強している人も多いと思いますが、事実の羅列に過ぎない答案や、編年体に並べて書くことに留まる解答も多く、どれも似たり寄ったりなことも多いでしょう。

そもそも、論述問題の答案として、主張の排した事実の羅列で点数が来るのか、という疑問もありますので、今回は敬天塾の授業の中で登場した答案をご紹介します。

あくまで例であり、満点を保障するものではありませんが、他の答案と比べてみてください。
なお、東大入試の世界史で満点を獲得した方2名に目を通していただいたところ、高評を頂いたものなので、それなりの答案と言えるかもしれません。

以下にT予備校の答案を載せ、その次に敬天塾の答案を載せておきますが、他予備校や塾の答案は市販のものをご覧ください。

2006年 東大世界史 第1問

 近代以降のヨーロッパでは主権国家が誕生し、民主主義が成長した反面、各地で戦争が多発するという一見矛盾した傾向が見られた。それは、国内社会の民主化が国民意識の高揚をもたらし、対外戦争を支える国内的基盤を強化したためであった。他方、国際法を制定したり、国際機関を設立することによって戦争の勃発を防ぐ努力もなされた。
 このように、戦争を助長したり、あるいは戦争を抑制したりする傾向が、三十年戦争、フランス革命戦争、第一次世界大戦という3つの時期にどのように現れたのかについて、解答欄(イ)に17行(510字)以内で説明しなさい。その際に、以下の8つの語句は必ず一度は用い、その語句の部分に下線を付しなさい。

指定語句
ウェストファリア条約 国際連盟 十四カ条 『戦争と平和の法』 総力戦
徴兵制 ナショナリズム 平和に関する布告

T予備校

ドイツの宗教内乱から国際戦争となった三十年戦争は、宗教戦争であると同時に、フランス王家対ハプスブルク家のヨーロッパの覇権をかけた戦争でもあった。1648 年のウェストファリア条約ではドイツ諸侯の領邦主権、スイスとオランダの独立承認により神聖ローマ帝国は有名無実化し、ヨーロッパの主権国家体制は強化された。 この戦争の惨禍を見たグロティウスは『戦争と平和の法』を著し、自然法思想に基づく国際法の確立の必要を説いた。フランス革命戦争において、フランスでは最初は愛国的市民による義勇軍が活躍したが、後に徴兵制が実施され国民軍による戦争継続体制が作られた。フランスの侵略に脅威を感じた諸国は対仏大同盟を結成するなど、この戦争は諸国民をナショナリズムに目覚めさせる結果となった。第一次世界大戦は、各国が挙国一致体制のもと戦争遂行にすべてを動員する総力戦となった。万国平和会議や社会主義者の第 2 インターナショナル、各国文化人らの戦争回避 の努力は徒労に終わったが、戦争末期ロシアのソヴィエト政権は平和に関する布告 で即時停戦を呼びかけ、アメリカ大統領ウィルソンは十四ヵ条を発表し、これに基 づき戦後世界初の国際平和機関としての国際連盟が設立された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)