2017年 東大文系数学 第2問(ベクトル・領域図示・面積・図形・媒介変数)

2017年 東大文系数学 第2問(ベクトル・領域図示・面積・図形・媒介変数)

それでは、今日も東大入試問題の解説に行きましょう!

問題はこちら。2017年の文系数学、第2問でございますー。

図形の問題は初手が大切

とりあえず、図形の問題ですね。

予備校の講評や、ネットの評判だと簡単だっていう噂ですが、僕は意外とそう思ってなくて、

初手を間違えるとドツボにハマります。

(というか、自分がハマった)

図形の問題は、特にその傾向があるような気がしますね。とにかく初手で間違えたら面倒。

この問題の特徴としては、図形であること(正六角形)、動点があること、内分点の軌跡を追う事、面積を求める事などでしょうか。

これらの情報から、初手を決めていくわけですが・・・

図形の問題では、

①三角比で攻める

②座標に乗っけて攻める

③ベクトルで攻める

④初頭幾何的に攻める

の4つが主な攻め方だと思います。

どの解法に絞るか

これに、内分点が登場しているのに注目すると、このうち②か③に絞られるでしょう。

なぜなら、内分点の公式は、図形と方程式で座標を用いたものと、ベクトルを用いたものの2つを習うからです。

で、僕はここで②を選んで、正六角形を座標に乗っけて解こうとアプローチしたんですが、

挫折しました。

まあ、あんまり冷静に選んだわけじゃなかったんですけどね。

動点が2つあるのでパラメータが2つ登場するし、線分の軌跡を追おうとすると大変になってしまいます。

ということで、ベクトルで解くのが良いわけですね。

ベクトルの領域図示は、平面図形にパラメータが2つあっても、あまり困りません。内分点も簡単に求められるし、角度のついた図形にも強い。

数学が得意な方や、先生をしている方向けに一つ補足をしておくと、要するに直交座標ではなくて、斜交座標の方が相性が良かったということですよね。

直交座標では複雑になりすぎる計算も、斜交座標で解くとシンプルになるという事です。

手書きの解説

では、手書きの解答へどうぞ。

2017年東大数学 文系第2問1_000122
2017年東大数学 文系第2問2_000123

基底のベクトルの取り方も迷うと思うので、わざと迷いながら解く生徒を想定して書いてます。

敬天塾作成の解説

2017(2)文数 解説

こちらのpdfファイルは無料でダウンロードいただけます。
受験生の学習はもちろん、先生方の授業にお役に立てるのであれば、どうぞご自由にお使いください。
断りなしに授業時にコピペして生徒に配布するなども許可していますが、その際「敬天塾の答案である」ということを必ず明記していただくようお願いします。
ただし、無断で転売することは禁止しております。何卒ご了承ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)