東大合格のために2月にすべき勉強内容は?その①

0
受験直前期アイキャッチ

合格者が共通して行ってる勉強内容は

センターが終わり、出願が終わった今、残すは(いくつかの私大入試と)東大入試のみ。

そこで今回は、残り3週間弱で東大合格のために勉強すべき内容をご紹介しようと思います。

といっても、世間でよくある「〇〇の時期には、△△をしろ!」みたいな、受験生の個々の状況をガン無視して、「僕の成功談」を他人に押し付けようというようなものではありません。

都内の超進学校や予備校などで指導されているないようや、敬天塾の指導経験を踏まえ、合格者の共通点を探り、合格率が高いであろう方法を紹介します。

過去問の解きこみ

ベタですが、過去問の解きこみはマストです。
ですが、「過去問を解く」と一口にいっても、受け取り方は非常に多様。さて、どういう内容を想像しましたか?

突然、昔話をします。
その昔、過去問を手に入れるのが非常に難しい時代がありました。残念ながら、私が現役生だった18年ほど前は、現在のような「27か年」のような市販本はマイナーで、「赤本」しかメジャーではありません。

今の37歳以上の世代は、赤本と言っても「27か年」のように科目別に長期間の過去問が掲載されている書籍は知りません。赤本と言ったら、過去3~5年分の問題が掲載されていて、簡単な解説(しかも大学生のバイトが書いたという噂アリ)が付されているものです。(今も売ってますね。)
全国の受験生が高3になって新しく発行される「赤本」をたよりに、3~5年分の過去問を手に入れて解く、というのが通例でした。

しかし、今は赤本の「27か年」も簡単に手に入りますし、駿台も真似して25年分の過去問と解説が載っている書籍を市販してくれています。ようするに過去問の入手が、非常に簡単になっているのです。

過去問の使い方が大事

ちなみに、27年分の過去問が載っているのを初めて見て、どう思いましたか?
「多すぎる!」「そんなに解く時間はない」と思った人も多いと思いますが、そこが落とし穴。

27年分の全てとは言いませんが、東大合格者の多くは過去問を10年分解くなんて当たり前で、20年分、30年分解く人も少なくありません。
しかし、ここにもう一つ落とし穴。単にたくさん解けばよい、というわけでもありません。これに気付いている人が少ないのです。

考えても見てください。同じ教室で同じ授業、同じ教材を利用して勉強していても、自分より成績が良い人がいます。つまり、同じ環境や、同じ道具を与えられても、違う成果になるのです。
それを世間で「才能」と言います。しかし実態は才能というより「コツ」とか「ポイントを押さえる」の方が近いのです。特に勉強に関しては。

では、どうしたらよいのか。
カテゴリに分けて解説しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)