2020年東大数学 理系第3問の解説

日本一徹底して東大対策を行う塾 東大合格塾「敬天塾」◆

一人の先生が、全科目のバランスが取れた最適な戦略を指導
厳しい入塾審査を突破した精鋭たちと、東大合格法を徹底討論
塾生自らが、解法を発見し、習得する力を育成
受験くらい余裕でクリアして、その後の人生で差を付けろ!

1年後の東大合格を目指すなら、私の塾の門をたたけ!
弊塾のサービスは、全てオンラインで受講が可能です。
地方の方、仮面浪人の方、社会人受験の方など、広く皆さんにご受講いただけます。
ご希望のサービスを、以下からお選び下さい。

【2021年に東大を受験したい方】
≪東大文系受験者対象≫敬天塾本科生の募集はこちらから(このページです。)
≪東大文系受験者対象≫オープン授業【東大文系数学】はこちらから
≪高1・2でもOK!東大受験したい方ならだれでも対象≫オープン授業【東大数学のための単元導入授業】はこちらから
≪貴重な東大受験情報の発信≫オンラインサロンの紹介はこちらから
東大生や東大卒業生への個別指導依頼はこちら

【(中学生・高1~2生など)東大を受験したい方なら誰でも】
≪高1・2でもOK!東大受験したい方ならだれでも対象≫オープン授業【東大数学のための単元導入授業】はこちらから
≪貴重な東大受験情報の発信≫オンラインサロンの紹介はこちらから
東大生や東大卒業生への個別指導依頼はこちら

【東大受験の情報を集めたい方】
≪貴重な東大受験情報の発信≫オンラインサロンの紹介はこちらから
オンラインサロンの無料記事を読みたい方はこちら

【敬天塾について知りたい方】
敬天塾の理念
敬天塾からの東大合格者インタビュー(ノーカット)はこちら
東大生や東大卒業生への指導依頼はこちら
スタッフの募集ページはこちら

 

敬天塾の公式オンラインサロン

noteで敬天塾のオンラインサロンを開設しています。

東大受験に関する情報、戦略や勉強法、過去問解説などをアップしていきます。

 

・東大受験の情報が欲しい方

・子供を東大に入れたい保護者

・自分の学校や塾から東大合格者を出したい先生

など、誰でもござれ。

 

詳しい説明はこちらをクリックしてください。

 

敬天塾 知恵の館(月額2000円)

敬天塾がの持つ情報やノウハウを本気で発信します。

 

敬天塾 知恵の館の玄関(月額500円)

掲示板です。交流や、質問対応、東大受験のお得情報など。

 

それ以外にも無料で読める記事もたくさんあります。

 

どうぞお越しください。

2020年東大数学 理系第3問

今年、受験生が最も手を出しやすかった問題でしょう。
20点は取れないまでも、10点以上取れた受験生は多いだろうな、という印象。
問題を見ていきましょう。
 

(1)微分すら必要ない

(1)の問題文を見ると、「tの関数tが単調に減少することを示せ」とあります。
単調減少や単調増加というと、真っ先に思いつくのが微分でしょう。
ということで、y/xを計算して微分する問題だと見積もります。
 
で、さっそくy/xを計算すると、なんと微分すら必要ない形に!
 
そうです。
単調増加や単調減少は、即、微分というわけではありません。
微分は増減が分からない時の技術ですから、微分しなくても増減が分かってしまえば、必要ないのです。
 
ということで、ここは微分すらせず、そのままスルー。
 

(2)これは微分

さて、次は(2)へ。
これも、「増減を調べろ」という問題なので、微分かなと想定します。
そして、原点と点Pの距離なので、三平方の定理へ。このとき、√を外して、2乗したまま増減を調べても構いませんね。この辺りはいつものことなので、特に構えずに使えるようになりたい技術です。
 
先ほどと同様、微分しなくてもわかるかな~と、ちょっとだけ期待していると、今回はダメ。
しかたなく微分して、増減表を描いて、答えを求めます。
ハッキリいって、普通の微分の問題でした。

とりあえずCの概形を

最後の(3)です。

「まずは、点Pの軌跡を求めて、それを90度回転させた面積を求めよ」という問題。
まだ、Cの概形すら求めてないのに、色々やらせるなと思いますね。
 
まず、Cの概形を求めるところですが、(1)でy/xが単調減少だと求めてます。y/xとは何かというと、OPの傾きですね。つまり、Oからの接線がだんだん減っていくように軌跡をたどります。
なお、y/xが単調減少とは、上に凸を示しますね。上に凸と書いても、もちろんOKでしょう。
 
他に、増減を知りたい値としては、xとyでしょう。これについても増減を調べるのですが、xは見た目で単調増加と分かります。
yは分からないので、仕方なく微分。これでやっと概形が分かりますね。
 

回転するときは、中心からの最短距離と最長距離

さて、最後に回転させましょう。
回転してから求積をするとき、大切な値はなんでしょうか。
最短距離と最長距離です。
 
回転する時には、平面なら中心、立体なら中心軸があります。
その中心からの半径が重要。
半径の最短距離未満には、面積も体積もないですし、
半径の最長距離以上には、面積も体積もないのです。
 
今回は、中心である原点を通る図形が回転するので、最短距離はどうでもよいので、最長距離だけに注目。
そしてそれが(2)で求めた値です(つまり、誘導問題)
 
あとは、図形を書くと、扇形と領域Dの合計面積になるので、面積計算して終わり。
では手書きの解答をどうぞ。
(3)の手間がかかるので、時間はかかるかもしれませんが、難易度としては、標準か、やや易くらいかなと思います。
これからの受験生も、ゆっくり解いて満点を取れるようにすると、良い練習になるでしょう。
 

敬天塾の公式オンラインサロン

noteで敬天塾のオンラインサロンを開設しています。

東大受験に関する情報、戦略や勉強法、過去問解説などをアップしていきます。

 

・東大受験の情報が欲しい方

・子供を東大に入れたい保護者

・自分の学校や塾から東大合格者を出したい先生

など、誰でもござれ。

 

詳しい説明はこちらをクリックしてください。

 

敬天塾 知恵の館(月額2000円)

敬天塾がの持つ情報やノウハウを本気で発信します。

 

敬天塾 知恵の館の玄関(月額500円)

掲示板です。交流や、質問対応、東大受験のお得情報など。

 

それ以外にも無料で読める記事もたくさんあります。

 

どうぞお越しください。

 

 

日本一徹底して東大対策を行う塾 東大合格塾「敬天塾」◆

一人の先生が、全科目のバランスが取れた最適な戦略を指導
厳しい入塾審査を突破した精鋭たちと、東大合格法を徹底討論
塾生自らが、解法を発見し、習得する力を育成
受験くらい余裕でクリアして、その後の人生で差を付けろ!

1年後の東大合格を目指すなら、私の塾の門をたたけ!
弊塾のサービスは、全てオンラインで受講が可能です。
地方の方、仮面浪人の方、社会人受験の方など、広く皆さんにご受講いただけます。
ご希望のサービスを、以下からお選び下さい。

【2021年に東大を受験したい方】
≪東大文系受験者対象≫敬天塾本科生の募集はこちらから(このページです。)
≪東大文系受験者対象≫オープン授業【東大文系数学】はこちらから
≪高1・2でもOK!東大受験したい方ならだれでも対象≫オープン授業【東大数学のための単元導入授業】はこちらから
≪貴重な東大受験情報の発信≫オンラインサロンの紹介はこちらから
東大生や東大卒業生への個別指導依頼はこちら

【(中学生・高1~2生など)東大を受験したい方なら誰でも】
≪高1・2でもOK!東大受験したい方ならだれでも対象≫オープン授業【東大数学のための単元導入授業】はこちらから
≪貴重な東大受験情報の発信≫オンラインサロンの紹介はこちらから
東大生や東大卒業生への個別指導依頼はこちら

【東大受験の情報を集めたい方】
≪貴重な東大受験情報の発信≫オンラインサロンの紹介はこちらから
オンラインサロンの無料記事を読みたい方はこちら

【敬天塾について知りたい方】
敬天塾の理念
敬天塾からの東大合格者インタビュー(ノーカット)はこちら
東大生や東大卒業生への指導依頼はこちら
スタッフの募集ページはこちら

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)