地理第3回

こんにちは、スタッフAです!
地理第三回の授業が行われました。
今回は、東大入試2015年第3問、2017年第3問、2013年第3問を事前に解いて、解説を読み込みこんだ上で、授業に臨みました。
読んだ解説を、ぼくなりにまとめてみました。

2015年第3問は、日本の都市と社会の変化に関する問題です。

設問Aでは、東京都の中央区、荒川区、練馬区の
① 人口密度の推移(1950~2010年)のグラフ
② 1965年と2010年の職業構成のグラフ
から、中央区と荒川区の人口密度が急速に低下した理由を答えます。なお、練馬区は増え続けています。
荒川区には、古くから住宅や商店街、工場がありました。しかし、公害の深刻化や産業構造の変化により衰退した業種の工場は、閉鎖、あるいは移転し、それに伴って人口が減ったと考えられます。
中央区は、地価高騰や住環境の悪化により郊外へ人が移り、人口が減少したと考えられます。しかし、グラフを見ると、1990年代後半以降は人口密度が増加しています。これは、バブル崩壊後の地価下落により、都心回帰を促すような高層住宅が供給されたためです
こういう内容は、東大の過去問を解きこんでいる人には「定番」なのですが、過去問を解いてないと気付けませんね。
最高の教材は過去問だというのを、改めて感じました。

(設問B 略)

設問Cでは、東京23区、大阪市、名古屋市で働く人の住んでいる地域についてのデータが示され、下記の構成比の違いが問われました。

大阪市  市内からの通勤者45%   それ以外からの通勤者54%、
名古屋市 市内からの通勤者が67%  それ以外からの通勤者32%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

地理第2回

次の記事

地理第4回