2020年度地理第一回

こんにちは、スタッフAです!
今日は、はじめての地理の授業でした。
まずは、提供されたレジュメの説明を受けました。
作成者は敬天塾の元スタッフで、過去の東大受験(地理)で、40点以上の高得点を出しています。レジュメには、東大入試の出題の形式や解法、記述のコツ、心構えがA4三枚でわかりやすく整理されていました。
次に、出題範囲の曖昧な「地理」という科目についての説明を受けました。実は、戦前と戦後の「地理」という科目の内容は異なり、現在はGHQの占領期以後によって恣意的に作られた「地理」を勉強しています。だから、科目としての歴史が浅く、様々な分野が取り扱われるそうです。
よって、暗記だけではなく現代を広く考察することが大切なんです。

平井先生曰く、「地理は、日本史や世界史より生活に直結して役立つ面白い科目」。

試験問題の中にある出来事が、社会生活に対しどのような恩恵をもたらしたか、あるいは、どのような問題点があるかを、考えるようにしなければいけないと思いました。


授業の後半は、ゼミ形式で、東大の過去問の中から2015年第3問設問Bの問題について検討しました。
占領期から2010年までの東京都心、多摩、夕張、高齢者の人口、一市区町村あたりの人口、失業率の増減を表した折れ線グラフから、様々な情報を読み取ります(6本の折れ線グラフが、どの増減を表しているかはわかりません)。
例えば、
・変動の激しいジグザグのグラフは、人口とは考えづらい。失業率ではないだろうか。たしかに、高度経済成長期には下がっている。
・ずっと伸び続けているグラフは高齢者の人口ではないだろうか。
・ある時期からほとんど下がっていないこのグラフは、多摩の人口ではないか。その理由は、高度経済成長で東京の地価が上がり、都心に住めない人が多摩に住んだからではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)