数学第5回

こんにちは、スタッフAです!
毎週月曜日は、数学の授業が行われています。
事前に与えられた問題を解き、解説を読み込み、レシピ化し、別解を検討して授業に臨みます。しかし、18年ぶりに数ⅠAと数ⅡBに触れたぼくには、別解を検討するような柔軟な思考がまだありません。
ただ、問題を解き、解説を読み込んで理解をして、レシピ風のものを作成するに留まっています。早く、他の生徒と同じレベルに達しないといけないですね。

今回の範囲は、関数でした。
先生の作成したレジュメを(一部だけ)共有します。

1(略)
2 微分法
・積の微分法(fg)´=f´g+fg´
・合成関数の微分法(x+b)^n と(ax+b)^nの微分
・0の定義、1の定義
・微分法を利用した余りの計算

無理数や虚数を含むような解を3次関数に代入するときは、「割り算を利用した余りの計算」が活用できますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

数学第四回

次の記事

数学第6回