2021年 東大世界史を当日解いたので、所感を書いてみた。

スタッフKです。
世界史を担当してくださっているおかべぇ先生が、以下の世界史の講評を書いてくださいました。
ちなみにおかべえ先生は、東大世界史で満点を取得したことがある先生です(東大模試じゃないですよ。東大の本試験です)!

◆2021年当日解いた所感シリーズ
国語はこちらから 文系数学はこちらから 地理はこちらから 日本史はこちらから 英語はこちらから

◆2020年数学の所感・解説はこちらから

 

全体講評 難易度

難易度 やや易

昨年度と比べると明らかな易化です。
世界史では現役生と浪人生の差はつかない構成であり、実質、日本史と地理勝負の年というのが所感です。

なお、敬天塾の予想が的中したのは第1問、第2問全問でした!

 

第1問

難易度 標準

2020年度に出題された近代東アジアの国際秩序に比べれば、現役生にも有利な内容に落ち着いた。ただし、19世紀以降にヤマを張っていた東大受験生にとっては不意打ちを食らったようにも思えたかもしれない。

敬天塾の『知恵の館』でも申し上げた通り、近年、東大は変則的な出題をしてきている。おそらく、安易に出題予想をされたくないという意図も働いているのだろう。2017年の東西古代帝国の比較史や、2018年の女性史は東大側からの警鐘とも言える。そして、本年はコロナ対応での追試験の作成が教授陣に強いられる。問題作成に際しては、アイディア捻出で難儀し、血尿が出るくらいの重圧がかかると仰る教授もいらっしゃるなか、例年よりも多くの問題を考えなくてはならないとなれば、伝統に従って過去問を参照するのは至極当然な流れだと敬天塾では予想し、警鐘を鳴らしてきた。

そうしてみるならば、本年の問題は、次の表のように1995年の大論述をベースに、周辺知識を整理していれば、最速で解くこともできたはずである。過去問研究と事前準備量の「差」が、解答時間の「差」に直結し、それがそのまま日本史や地理に投下できる時間資源の「差」につながったとも言えるだろう。

注意すべき点としては、「宗教の問題に着目しながら」という指定条件である。イスラームやローマ・カトリックについては書けても、ビザンツ帝国に関しては整理がなっていない受験生が多いので、差がつくとしたらこのあたりだろう。設問条件に沿って書かず、思い込みだけで答案を埋めることのないようにしたいところだ。

ご参考まで、1995年の東大世界史第1問を紹介したい。

1453年、オスマン帝国のメフメト2世は、コンスタンティノープルを陥れてビザンツ帝国を滅ぼし、その結果、地中海世界は東西二つの文明の対立するところとなった。西アジア世界と東ヨーロッパおよび西ヨーロッパ世界は、ローマ帝国の成立以後、地中海を舞台にしてたがいに長い交流と対立の歴史を重ねてきた。この間に新しい宗教や文明がおこり、これらの世界の間で人と物と文化の交流が活発に行われた。では、ローマ帝国の成立からビザンツ帝国の滅亡に至るまで、地中海とその周辺地域では、どのような文明がおこり、また異なる文明の間でどのような交流と対立が生じたのか、下に示した語句を一度は用いて、600字以内で記せ。なお、使用した語句に必ず下線を付せ。

ヘレニズム       聖像禁止令       カール戴冠       ムスリム商人
十字軍            ギリシア語       アラビア語       イスラム科学

「1995年度東京大学第1問」より

東京大学は1989年入試以来の「人と物と文化(宗教)」の交流を強調するようになってきた。例えば81年には9~10世紀のピザンツ・西欧・イスラム圏の政治・経済・文化の比較史が出題され、86年には西欧とイスラム世界の交渉と勢力関係が出題された。こうした出題傾向を知らない受験生や、過去問による歴史的思考力やセンスを磨く訓練の少なかった受験生には、きわめて書きにくいテーマが1995年の東大大論述であった。ゆえに、本問は必ず周辺知識を確認すべきと敬天塾の授業や、敬天塾が提供している『知恵の館』では再三申し上げているのである。

 

第2問

難易度 問1(a) やや易 (b) 標準
    問2 やや難
    問3 標準

問1(a) 14世紀〜15世紀にかけての西欧世界における農民の地位向上の社会的・経済的要因

→ コロナ禍を意識して、黒死病(ペスト)の話を関連づけてきたものと思われるが、基本的な問題に分類されるだろう。

 

(b) ロシアの農奴解放令後も農民の生活が改善されなかった理由

→ 敬天塾の授業では、奴隷制に絡む問題の練習を何度も行ったが、ズバリ本問と、第2問の問3は奴隷制・農奴制に絡む問題である。授業では、一橋大学1988年第2問を紹介していた。

アメリカ合衆国とロシアの近代化において1860年代の奴隷制と農奴制の廃止は、重要な画期であった。それぞれについて廃止までの経過とその意義について述べなさい。その際、アメリカでは奴隷制が国内の戦争を経て廃止されたのに対して、ロシアでは農奴制が大きな政治的混乱もなく廃止された理由についても言及しなさい(400字以内)

「一橋大学1988年第2問」より

この問題の周辺知識をしっかり分析検討できた受験生は本問を秒で片付けられただろう。

 

問2 フィリピン革命後の統治体制の変遷について論ぜよ

→これは難易度が高かった。だが、過去問研究をきちんとしてきた人であれば、2019年以降、太平洋委任統治領の中論述や2020年のオーストラリア史中論述の流れを組めば、学校や予備校ではおまけ程度にしか語られない太平洋地域の島にも注意するようにという東大側のメッセージは汲み取れたはずであり、資料集や教科書で準備を進められたはずである。

また、1985年の反帝国主義運動をテーマとした大論述を通じて周辺知識を確認していれば、大枠はすぐさま理解できたはずである。

 

問3 南アフリカにおけるアパルトヘイト政策撤廃の背景

→東大が大々的に出題していないテーマ史として「奴隷史」が挙げられる。この点、敬天塾の予想問題演習では幾度となく取り上げてきた

黒人奴隷といったものから、マムルークに至るまで、奴隷の種類は地域によって様々である。「綿花」や「キング牧師」「ハイチ」「象牙海岸」の話や三角貿易の話、さらには古代にも目を向けさせ「スパルタクス」あたりも気をつける必要があるだろう。

これだけ各時代各地域で出てくる事柄であるにもかかわらず、資料集や教科書では特集記事が全くといっていいほどないこうした盲点を東大教授が見逃すとは思えず、大々的な問題を今後出題してくることは十二分にありうる。

奴隷史関連では、京大2001や一橋の1988や2017で出題されている。奴隷という切り口に限らず、黒人差別という切り口にまで目を向けさせ、「マンデラ」あたりを投入してくることもありえると敬天塾の直前講習では述べたが、ズバリ的中である。

また、圧政への抵抗という文脈で、南アフリカに赴任経験のある「ガンディー」あたりを指定語句に盛り込んでくることも、いずれはあるかもしれない。東大教授が本気を出して1年かけてつくる問題ゆえ、正直どのような切り口で攻めてくるかはわからないが、きっと良問であることに違いはない。来年以降が楽しみである。

 

第3問

難易度 標準

第3問については、東大頻出の人の移動である。

人の移動がらみでは、1982年と2003年に大論述も出題されており、中論述も度々出題されている。人が動く要因もさまざまで、人の移動に伴い軋轢も生じ紛争の火種にもなる。歴史とは、おうおうにして人の移動によって形作られていくものだということを東大の先生方は授業の中でも熱く語られる

本問は、そうした伝統的な東大の傾向をそのままに受け継いだ問題だと言えるだろう。

 

まとめ

2021年のセットは、過去問研究をしっかり行った受験生にはとても易しい内容であった。正直、45分で全問を仕上げる受験生が出てもおかしくはない。改めて、東大過去問研究の重要性を強く訴えたい。

◆2021年当日解いた所感シリーズ
国語はこちらから 文系数学はこちらから 地理はこちらから 日本史はこちらから 英語はこちらから

◆2020年数学の所感・解説はこちらから

東大受験に興味がある方は、敬天塾に関するこちらもご覧ください。無料記事もたくさんあります。
  ↓
◆日本一徹底して東大対策を行う塾 東大合格「敬天塾」

塾長が敬天塾の英語の先生を紹介している動画です。(3分弱です)
敬天塾のプレミアムコース・ベーシックコースでは、こんなスゴイ先生から教わることができますよ♪
 ↓

東大受験eマガジン「知恵の館」
東大受験の合否を左右する情報を発信しています! 

 ↓ 約1分の紹介動画です。

 

オープン授業東大文系数学
東大文系受験で高得点を取ろう!新高3生・高卒生向け、入塾審査なしの手軽に申し込めるプランです。 
 ↓ 約1分の紹介動画

オープン授業【東大文系数学】バナー

ベーシックコース
新高1・2の学年で東大合格レベルの数学・英語の基礎を学びたい方向け
(先取りしたい中学生や、復習したい高3・高卒生・社会人受験生も受講可能です♪)
 ↓ 約30秒の紹介動画

ベーシックバナー

プレミアムコース
東大に合格したい新高3生・高卒生を8名限定で募集 
 ↓ 約30秒の紹介動画

 

バナー大きめ

東大生・東大卒業生の家庭教師派遣
個別で相談にのってもらいたい方向け 

家庭教師バナー

◆敬天塾公式HP
https://exam-strategy.jp/

◆東大に文理両方で合格した男 受験戦略家 平井基之がお受けしているお仕事

◇塾や学校の東大受験サポート
東大コースを強化したい・設置したい塾や学校に赴き、東大受験対策に関する提案、助言、指導を行います。
・「何が原因で受からないか」課題の整理
・課題克服のための戦略策定
・対生徒・保護者・スタッフ・教員向けの面談や講演(オンライン可能)
現場に応じた具体的なアドバイスをさせていただきます。

詳細はこちら

◇本や雑誌、コラムの執筆
コラムや会報誌への寄稿は多数。
著作などの紹介はこちら

#東大入試 #解答速報 #2021年

フォロー大歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)