地理4月②東大入試2020年答案検討会

こんにちは、スタッフBです! 

地理の2回目の授業は、2020年の答案検討会を行いました。

予備校が公開した答案や受験で高得点だった方の再現答案を用いて、高得点を得る方法を話し合いました。

提供された地理51点と47点の方の答案を見るに、個人的には「すべての問題に対して、多くの要素を入れ込んで回答しており、特別に幅広い知識を有している」と感じました。

 

 

・高得点答案だからといって、日本語が特別上手なわけではない。間違った要素を入れず、正確に答えることが大切。

 

・地理は字数が短いので、答案のバラつきが少ない。

 

・地理は詳細な知識を問うより、その知識を用いて論理的な回答を導くことを求めているのではないか

 

・51点答案の考察

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)