日本史5月②1998、2001、2007、2014、2019、2020年

0

こんにちは、スタッフBです

1998、2001、2007、2014、2019、2020年の第1問を解いて、互いの答案を検討しました。 とある生徒の答案、それに対するコメント、問題全体へのコメントをまとめました。 

 

2019年

A

行事の作法や貴族の慣習に明るく、事務処理に優れていること。

文末が気になる。事務処理はどの時代でもいえることではないか。

 

B

上級貴族は、地位によって定められた行事の責任者を務めたが、高位であっても作法を誤れば侮蔑されるほど先例は重要視された。権力者は重要事項を日記に記して後世に伝えることで、子孫が円滑な政務を行い、権威を保持できるよう取り計らった。

「地位によって定められた行事の責任者」は読みづらい。日記は子孫だけでなく自分にも必要である。

皇室や貴族は前年と同じことをするのが重要だった。先例を大事にする時代。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)