国語 現代文6月2018年第1問

こんにちは、スタッフBです。2018年第1問を解いて、互いの答案を検討しました。 とある生徒の答案、それに対するコメント、問題全体へのコメントをまとめました。 

 

五感では認識できないものの存在を実験によって間接的に保証するのは、理論的に探求された物理学であり、物理学理論のネットワークなしでは保証できない。

「五感では認識できない」は良い。

「ものの存在」は「素粒子」と書くべきではないか

「間接的」の内容を説明すべき

「理論的に探究された〜」と「物理学理論の〜」はどちらかに集約できるのではないか

「物理学理論の〜」は傍線部の数行後ろから持ってきている。必要なのか?

素粒子に限定した方がいい

「物理学理論のネットワーク」は一般的な言葉ではない。

傍線部の「保証」を「担保」と言い換えている答案があった。言い換えとして良い。ただ、本文中の「保証」は一般的な言葉として用いられているため、そのまま使用しても良い。

基本ルールとして、鉤括弧を使って答案を作る、つまり、本文中の特別な意味のある言葉を用いるのは可能な限り避けるべき。

無生物主語はやや読みづらい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)