日本史 6月① 1997年第2問、 2002年第1問、2005年第2問、2006年第2問、2013年第2問、2015年第1問

こんにちは、スタッフBです。1997年第2問、 2002年第1問、2005年第2問、2006年第2問、2013年第2問、2015年第1問を解いて、互いの答案を検討しました。 とある生徒の答案、それに対するコメント、問題全体へのコメントをまとめました。 

 

1997

摂家将軍や皇族将軍は、執権である北条氏の傀儡で実質的な権限は持たず、威光を利用される存在あであったが、反北条氏勢力は将軍を支持し続け、将軍追放時には北条氏と武力で争った。

摂家は、天皇家との血筋がすでにないのではないか。だから、身分・官位が高いことが重要であって、血統は関係ないのではないか。

天皇家との血筋を重視するより、身分秩序が重要ではないか。

支持などしていない。反北条氏勢力も将軍を利用しただけだ。資料(3)で言っていることは偽りである。

(3)「かならずもう一度〜〜思う」がキーである。

(3)に「涙ながら」とあるので、これを演技とみなすのは厳しい路線ではないか。実際に、摂家将軍に敬意を払っていた。

名誉や立場はいらないが、実際の権力が欲しいという人は多い。院政や徳宗、大御所、摂関、現代のフィクサーなど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)