数学6月③通過領域

こんにちは、スタッフBです。

今回は、通過領域です。

 

通過領域の解法

①解の配置=逆像法=実数解条件

②ファクシミリ論法=順像法=すだれ法

③包絡線

①解の配置は=0で降べきの順

②ファクシミリは、まずxを固定する。

次にy=で降べきの順。その後、yの最大値・最小値を求める。

③包絡線は=0で降べきの順。

次にtで微分。結果を元の式に代入すると、yとxの式が求められる。これが接する図形で、それを指定されたtの範囲で動かす。

 

包絡線でなぜ微分するのかはわからない。使える問題が限られるが、使えたらラッキー。

 

問題集では、①や②のどちらを使っているか書いていないので、解説を見ながら自分で判断する。

 

包絡線の減点されない答案例(赤字)。

 

  

 

 

過去には、包絡線で容易に解ける問題も出題されているので、習得が望ましい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)