2011年 東大国語 第1問 桑子敏雄『風景のなかの環境哲学』 答案例・解説

2011年 東大国語 第1問 桑子敏雄『風景のなかの環境哲学』

先日、2021年 東大国語 第4問 夏目漱石「子規の画」の解説・答案例の記事を出したところ、一定の好評を頂けましたので、調子にのってもう一つ出します。

この2011年の第1問は、読解力も高いものが求められるほか、答案の表現力も必要だということで、最難関レベルの問題ではないでしょうか。そのため、上位生にとって非常に良い問題だと感じています。

独りよがりの答案・解説になるのを防ぐため、予備校・塾などの先生方の答案を拝見し、講師・生徒一同で考察を重ねた結果を、本稿にまとめています。
現代文は回答者によって解釈のブレ、答案の表現のブレなどが激しい科目であるため、賛否両論が発生することは承知していますし、闊達な議論を奨励しています。

お気づきの点がありましたら、遠慮なくコメントをお願いします。

敬天塾作成の答案例

敬天塾の答案例だけ見たいという方もいるでしょうから、はじめに掲載しておきます。
受験生の学習はもちろん、先生方の授業にお役に立てるのであれば、どうぞお使いください。
断りなしに授業時にコピペして生徒に配布するなども許可していますが、その際「敬天塾の答案である」ということを必ず明記していただくようお願いします。
ただし、無断で転売することは禁止しております。何卒ご了承ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【平井基之のサンプル答案】

設問(一)
人が川に沿って移動するときに、単なる身体的な経験だけではなく、河川周辺の空間における様々な刺激を通して、各々が異なる体験を可能にするということ。
【別解】
人が川に沿って移動する、単なる身体的な経験だけではなく、河川周辺の空間における様々な刺激を通して、各々にとって異なる体験ができるということ。
【別解】
人が川に沿って移動するときに、単なる身体的な経験だけではなく、河川周辺の空間における様々な刺激を通して、各々は異なる体験ができるということ。

設問(二)
多様な体験と可能性を人に与え、創造的な空間という本質を持つ河川が、自然を制御できると勘違いした人間により、人工的な価値を付与され、画一的な体験しか得られない空間に取って代わられてしまうということ。

設問(三)
河川工事においての竣工も、庭園においての樹木の植栽も、一見すると完成のようであるが、そこから自然の力と人間の助力によって、長い時間をかけて育つ起点と捉えられるから。

設問(四)
河川の空間は、主とする自然の力に加えて、河川に接した多くの人間による経験を積み重ねた過去を持つことで、未来において多様な経験を多くの人に与える可能性を構築しているということ。

設問(五)
河川空間は長期間において、自然の営みや多くの人間の経験を過去に蓄積していて、その河川空間へ赴く人もまた、各々の過去の経験を携えている。よって、河川の風景に接することで、過去に河川を訪れた先人達の経験に間接的に触れ、世界と通ずることができるということ。

※多少、字数が多めの答案になっていますが、短くまとめきれない私の力量不足以外の何物でもありません。あくまで、答案サンプルの一つであり、皆さんの考察の材料となることを願って作成したものですので、寛大な心でご覧いただけると幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【過去生徒Aのサンプル答案】

設問(一)
人が流動性のある河川空間を移動する中で、空間の風景を独自に知覚し把握することで、各人各様に自己の身体意識を実感すること。

設問(二)
何らかの意図や思惑に沿って河川空間を人間の管理下におき、その働きに必然性を与えようとすることで、空間が予測不可能な流動体として人々に創造性を与える可能性を奪われ、単に既存概念を具現化しただけのものになるということ。

設問(三)
河川空間と庭園が自然のものを素材とした空間であり、偶発性を含む自然の力に人間が補完的に働きかけながら長い時間をかけて個性を育むものであるため、着工は空間設計の起点に過ぎないという点で両者は共通しているから。

設問(四)
河川空間は過去と未来の結節点であり、遥か昔から長い時間をかけて、人々に多様な体験を与える役割や個性を育むような、多くの人々の経験や自然の営為を累積してきたということ。

設問(五)
河川空間は長い時間をかけて自然の力や人間の経験の蓄積によって形成され、創造的で多様な体験の可能性を生み出す。空間の風景の知覚を通して、経験を基盤とした価値観を持つ自己が、空間の多重な過去の累積や、空間を共有する他者の存在を認識できるということ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

設問(一) 身体的移動のなかでの風景体験

ものすごく簡単に言えば、「川の付近をあるくと、その周りの風景を体験する」ということなんですが、難しいポイントがたくさんあります。
①「身体的移動」という言葉は一般語ではない。一般語で表現するにはどうすればよいか
②風景とは何か。
③体験とはどのような体験か。
④「身体的」と「風景」の対比構造を、どのように答案で表現するか

などでしょうか。
①に関しては工夫次第で処理するしかなく、実力が反映される。
②に関しては河川のみならず、周辺の都市風景などを含む空間そのもの。
③に関しては、河川を訪れる人それぞれが、多様で豊かな体験を得る、というような内容
④は一番気づくのが難しいと思いますが、わざわざ「身体的」という言葉を使っている理由に注目すると、気づけると思います。
すなわち、身体的(自分の肉体の)移動に過ぎないのに、実は周辺の空間すべてを体験していることになるということです。
この対比を、答案に盛り込むのは至難の業だと思います。

なお、本文中の言葉を使ってよいかどうか、という議論がありますが、これに関しては「なんとも言えない。」というのが本音。
なぜならば、「本文中に使われている言葉だから使ってはダメ」という論理が、そもそも違うから、と考えています。

原則として、一般的な日本語で内容がよくわかるように説明する、というのが趣旨であり、本文中に使われているのが一般的な言葉であれば使ってよいし、筆者の造語や、その本文で特殊な意味を持つ用語などは、補足説明を加えるか、一般語に置き換えて説明すべきと考えます。

そのため、「身体的移動」で言うならば、(なんとなく意味は分かるものの)一般的な日本語ではないため言い換えるべき。
「風景」は一般語であるが、本文中で特殊な意味を持つ言葉なので、説明を加えるべき。「体験」も同様。
などと考えます。

また、「多様な経験」という言葉は一般語の範囲内だと思いますが、では「多様な経験」とは一体なんのことかと言われるとよくわかりません。つまり、抽象的な言葉なので、説明なしに使うと意味が分からなくなってしまいます。(そこで、私の答案例では、「各々が異なる体験」としています。)

(思考のプロセスをすべて書くと大変なので、かいつまんで)以上の議論を踏まえ、答案例を示します。

人が川に沿って移動するときに、単なる身体的な経験だけではなく、河川周辺の空間における様々な刺激を通して、各々が異なる体験を可能にするということ。

・「身体的移動」を、「川に沿って移動するときには、単なる身体的な経験だけではなく、」と、多少変化させて表現しました。
・「身体的」と「風景」の対比を、「単なる~~ではなく、ーーーーー」で表現しました。
・「体験」ならびに「多様な経験」は、「各々が異なる体験」としました。
・「風景」は、「河川周辺の空間」としました。

設問(二) 本来身体空間であるべきものが概念空間によって置換されている事態

二は、現代文でアルアルな問題。
自然が、人間の手(科学の進歩や資本主義の進展など)によって汚れてしまった、という主張のもの。
余談ですが、こういう問題の時に、(科学の進歩で恩恵に預かっているという側面はどうするんだ)とか(資本主義を否定するなら、儲けたお金は恵まれない人に寄付しろよ)とか考えてはいけません笑

さて、傍線部。
「本来Aだったものが、Bに置換されている」という骨格が大事。
まず、これを反映する答案にするのがよいでしょう(別に、この骨格ではなくてもよいけど、書きやすい骨格なので、ある程度保存した方が、読みやすく、書きやすいため、おススメしています。)

また、Aの方が良いもの、Bが悪いもの、というニュアンスも読み取らなければなりません。
先ほどの、現代文の主張アルアルを知っていれば、読まなくてもわかるのですが、「本来~~あるべきもの」とついているので、筆者はAが良いものだと捉えているのだと、読み取る方が自然です。

次に、Aの部分にあたる「身体空間」は、(一)で答えた内容そのものなので、要約する形で持ってくればよいでしょう。

Bにあたる「概念空間」ですが、これが(二)で初登場の内容です。
「概念空間」は一般語ではなく、筆者の造語のようなものなので、当然説明が必要なので、同様の表現を探します。
すると、前の行に「概念という人工のものによって」とあるので、「人工」のことなのだなとわかります。
(ついでに、前の行が実は、傍線部イと同内容だというのもわかります。AがBに置換という骨格や、「本来」などそっくりです。)

では、人工について、さらに探すと、「固定化された概念」、「それ以外のことをする可能性は排除」、「コントロールすることは、川の本質に逆らう」などが見つかります。(多数あります。)

第8段落まで進むと、「コントロールされた概念空間に対して、」の続きに、「河川空間は新しい体験や発想が生まれる創造的な空間だ」とあり、Aの部分の補足部分も見つかります。

以上を踏まえ、私の答案例です。

多様な体験と可能性を人に与え、創造的な空間という本質を持つ河川が、自然を制御できると勘違いした人間により、人工的な価値を付与され、画一的な体験しか得られない空間に取って代わられてしまうということ。

・骨格は傍線部を保存し「AがBに取って代わられてしまう」としました。
・Aの部分は、(一)を要約し、「多様な体験と可能性を人に与え、創造的な空間であるという本質を持つ河川」としました。
・Bの部分は、「人間により」と(動作の主体)を入れることで補足説明をするよう工夫しました。
・傍線部イの直前に見つけたため、「概念空間」の直接の言い換えである「人工」をそのまま使いました。
その際、「人工」は一般語であるためそのまま用いても構わないだろうという判断をしていますが、「自然を制御できると勘違いした人間により、人工的な価値を付与され」と対比させることなどで、単なる引用ではなく、補足説明を伴う形になるように工夫しています。
・「固定化された概念」では説明不足かつ抽象的で、筆者の独自の用語であるため、言い換える必要性を感じ、「画一的な体験しか得られない空間」としました。
・第8段落の「河川は創造的な空間である」という内容をAの部分に盛り込むことにより解答の要素を入れつつ、「Bによって取って代わられる」と説明することで、「創造的な空間ではなくなってしまう」ということまで表現をしようと工夫しました。
・第7段落の「コントロールすることは川の本質に逆らう」という部分を、Aに「本質」と入れ、Bにコントロールの言い換えとして「制御」と入れることで、表現しました。
・文末を「取って代わられしまう」とすることで、悪いことが起きているニュアンスを表現しています。
日本語では、「る」「らる」を受身形で使うことで、被害が出ているニュアンスが表現できます。(例、殴られた)
また、「しまう」と使うことで、意図せずに悪いことが起こったニュアンスが出ます。(例、電車で寝過ごしてしまう)
・「自然を制御できると勘違いした人間」は、本文中にない表現なのですが、サンプル答案として作成したということ、HPで世間の皆様にご覧いただく際に楽しんでもらうこと、筆者の(隠れた)皮肉の意図だと捉えたことなどから、こうしています。

設問(三) それは庭園に類似している

本文を丁寧に読み、論理的に対応関係をとらえていくと、解答の方針は見えやすい問題。
しかし、こういう問題だからこそ、答案の表現方法で差がつきます。

まずは、論理関係。
「それは庭園に類似している。」が傍線部であり、設問が「なぜそういえるか」です。つまり、傍線部の理由を考える問題。
否。
実は、傍線部の直後に「樹木の植栽は、~~~だからである。」とあるため、考える問題ではなく、直後に存在する解答部分をただ探す問題でした。

傍線部の「それ(指示語)」は「河川」で良いでしょう。つまり、河川が庭園と似ている理由を探るのですが、直後には
「樹木の植栽は、庭の完成ではなく、育成の起点だから。」
とあります。

これと、傍線部の直前が似ています。「工事の竣工は、河川の空間が育つ起点となる。」
つまり、ここで論理関係を見ると、

河川⇒ 工事の竣工が、実は起点
庭園⇒ 樹木の植栽が、実は起点

となっています。
これを書けば、答案の大きな骨格はOK。あとは、補足説明を加えていきます。

さて、ここまでで河川と庭園で類似しているようすはわかりましたが、では類似している点を端的に言い表すと何になるか。
行間を補足すると、「ゴールと思っているものが、実はスタートになっている。」という点です。

工事の竣工が起点というのは、要するに「ゴールだと思ってるけど、実はスタート」という驚きや意外性があるわけですね。この意外性が庭園にもある。だから類似しているわけです。

では、河川は竣工後に何が起こるかというと、次の第10段落。
自然の力によって長い時間をかけて育つ、人間はその手伝いをする、個性が生まれ、その川の川らしさが生まれる、などと書かれています。

以上をまとめて、このように答案を作りました。

河川工事においての竣工も、庭園においての樹木の植栽も、一見すると完成のようであるが、そこから自然の力と人間の助力によって、長い時間をかけて育つ起点と捉えられるから。

・「AとBが似ている」という内容を表現する際、「Aは~~で、Bは~~だから、~~が同じだ。」などと書く技法があります。しかし、今回は’(というより東大は)字数制限が厳しく、AとBの共通点で書くべき内容が多いように思われたため、「AもBも、〇〇だから」という骨格にしました。
なるべくシンプルに、分かりやすい骨格になるよう、工夫しました。
・類似点の行間を補足し「一見すると完成のようであるが」としました。
・竣工(植栽)の後に起こることとして、①自然の力②人間の力③長期間④育つ の4つの要素を入れました。
・①自然の力がメインであり、②人間の力がサブ、という主従関係を表現したかったのですが、「人間の助力」としか表現できませんでした。(表現力不足を痛感しています。)
・「個性を持つ」という要素を入れるかどうか悩みましたが、自然な日本語としてまとまらなかったため、省きました。
・設問が「類似している」とあるが、なぜそういえるのか、ということなので、文末を「育つから」「同じだから」などではずれてしまうと感じたため、「捉えられるから」としました。

設問(四) 河川の空間は、時間の経過とともに履歴を積み上げていく

今回、読解において最難関の問題。(五も難しい)
授業時にも、生徒たち含め見解が一致していませんでした。

ただし、傍線部「河川の空間は、時間の経過とともに履歴を積み上げていく」を見ると、意味不明なのは「履歴」のみ。他の部分はすべて一般語といってよいでしょう。
つまり、この問題で問われていることは「履歴とは何か」です。

では、その定義が書かれているところを探すと、傍線部の次の段落(第12段落)に、「履歴は~~~ではない。多くの人々の経験の蓄積を含み、さらには自然の営みをも含む。」とあります。
ものすごく簡単にいうと、「人間の経験と、自然の営み」の両方を含むということ。

続いて「こうして積み上げられた空間の履歴が、その空間に住み、またそこを訪れるそれぞれのひとが固有の履歴を構築する基盤となる。」とあります。誰かが訪れると、河川の蓄積された履歴に触れることになり、また人それぞれ別の履歴を構築するわけです。

と、難しそうに見えて、解答の根拠になる部分は明確。しかも短い。
では、何が難しいかというと、要するに「何を言っているかわからない。」からです。

河川に対して「履歴」という言葉のミスマッチがあります。
これは、文章のテクニックとして、あえてミスマッチな言葉を使うことで、面白さや印象深さを強調する技法でもあると思いますが、しかし内容が分かりづらいため、受験生には不評でした。

だって、河川を訪れたときに、(ああ、昔の人の履歴を感じるなぁ)なんて思わないですよね。
これを言ってしまっては元も子もないかもしれませんが、筆者の方は河川大好き人間なのでしょうが、一般の人は川は川でしかなく、強い思い入れもないでしょう。
だから、川に過去の人間の経験が蓄積されている、とだけ言われてもピンときません。

では、こういう文章に出会ったらどうするか。

(あくまで文章の読解に偏見が入らないように工夫をしながら)、自分の頭の中で具体化することです。
ある生徒の意見で出たのですが、
川に行ったらスナック菓子のゴミが落ちていたら(誰かがここで食べたんだろうな)と思う。石が詰まれていたら(子供が遊んだのかな)、スプレーで絵が描かれていたら(不良が描いたのかな)と思う。
このような具体例があれば、確かに過去の人間の履歴が蓄積されていることが、分かりやすいと思います。

では、私の答案例です。

河川の空間は、主とする自然の力に加えて、河川に接した多くの人間による経験を積み重ねた過去を持つことで、未来において多様な経験を多くの人に与える可能性を構築しているということ。

・「履歴」をわかりやすく、丁寧に言い換えることを主眼に答案を作成しました。
・(三)では十分に表現できなかった自然と人間の主従関係を、「主とする自然の力に加えて」としたことで、明確にしました。
・「過去」や「未来」という時制表現を使うことで、時系列をはっきりさせました。
・「未来」なので、「可能性」としました。
・経験の「多様さ」と、「多くの人」に与えることを忘れずに要素に入れています。
・文末の「構築」は、納得がいっていないのですが、他の良い表現がないため、暫定的にこうしています。河川の空間が主語になり、「積み上げていく」をうまく言い換えられる表現、何かないでしょうか。

設問(五) 風景こそ自己と世界、自己と他者が出会う場である。

では最後です。
(四)と同様、履歴がどうの、経験を共有するとかなんだとか、がテーマです。
つまり、読解が難しく、何を言っているのかわかりづらい問題だと思います。

まず傍線部を見て、「自己と〇〇が出会う場」とあります。
〇〇に入るのは、他者と世界。
どうやら、河川に行くと、他者と世界に出会えるそうです。

人気の河川に行けば(例えば、京都の鴨川、家族連れやカップルがたくさん集まり、他者に出会えるでしょう。
しかし、そういうことを言っているわけではないようです。

傍線部の直前を見ると、「人々に共有される」とあります。これが「出会う」に近い表現なので、もう少し読んでいきましょう。
すると、一人ひとりが自分の履歴をベースに河川に行って風景を見る。だから、人々に共有されるんだ、というような内容が書かれています。

これは、(四)の内容とやや近い内容です。
(四)では、河川に履歴がたまっていくというだけの内容でしたが、(五)では河川に履歴がたまっていくんだから、そこに訪れる人は他人(の履歴)に触れられるんだ、というところまで踏み込んでいるようです。

これが「自己と他者が出会う」の意味としてとらえて良いでしょう。

では、「自己と世界が出会う」とは何か。
これは、読んでも書かれていません。(書かれてないですよね?)
つまり、行間を補い、想像するしかないでしょう。

このように想像するのは、受験国語において忌避される行為です。
「国語では、自分の考えを入れて読んではいけない」

よく聞くアドバイスだと思います。
私も、当然これに賛成なのですが、条件を付けさせてください。すなわち「(共通テストなどの)マークであれば、」
共通テストレベルの選択肢から選ぶ問題であれば、行間が雄弁な部分は出題されませんし、行間を読み取らせると、解答がいくつにも分岐してしまうため、(出題者側の都合として)選択肢として一つだけの正解を選ばせづらくなります。

しかし、記述問題であれば、「お前はどう読み取ったんだ」というのを、答案を通して聴くことができます。
受験生としては「自分の考えを入れて読むな」と教えられているので困ってしまいますが、
本文に書いていない部分に関して説明せよ、と言われているので仕方ありません。

無難な解答として「見なかったふりをする」「あえて何も書かず、触れずに解答する」ということもできますが、
攻めの答案として「自分なりに因果をつなげてみる」ということも可能です。

私の答案では、字数に余裕がなく、そこまで攻められていないのですが、「あらゆるところから訪れた先人たちの経験に触れることで、世界と通ずることができるということ。」などとすれば、世界と出会う理由として表現されていると思います。

では、私の答案です。

河川空間は長期間において、自然の営みや多くの人間の経験を過去に蓄積していて、その河川空間へ赴く人もまた、各々の過去の経験を携えている。よって、河川の風景に接することで、過去に河川を訪れた先人達の経験に間接的に触れ、世界と通ずることができるということ。

・「河川には、過去に他者の履歴がある。だから、河川を訪れると他者に出会える。」という、論理関係を主軸にしています。
・主軸を重要視するあまり、傍線部「本文全体の論旨を踏まえる」という指示を、やや軽視したような形になってしまいました。(もう少し、本文全体の論旨を入れたかった。)
・履歴には自然の営みが含まれること、長期間であること、河川を訪れる人が履歴を持ち寄ること、などを補足説明として入れています。
・「先人達」「間接的に」など、多少技巧的な表現を使うことで、字数の節約、因果関係の明確化を試みています。

過去生徒Aの答案について

過去生徒に、非常に良い答案を書く子がいたため、ここにオマケで載せておきます。
私と違って、変に平易な単語に頼らずに表現する能力は目を見張るものがあり、豊富な語彙を巧みに使いこなすため、重厚感と読み応えがある答案になっています。
皆さんの、学び・参考になれば幸いです。

設問(一)
人が流動性のある河川空間を移動する中で、空間の風景を独自に知覚し把握することで、各人各様に自己の身体意識を実感すること。

設問(二)
何らかの意図や思惑に沿って河川空間を人間の管理下におき、その働きに必然性を与えようとすることで、空間が予測不可能な流動体として人々に創造性を与える可能性を奪われ、単に既存概念を具現化しただけのものになるということ。

設問(三)
河川空間と庭園が自然のものを素材とした空間であり、偶発性を含む自然の力に人間が補完的に働きかけながら長い時間をかけて個性を育むものであるため、着工は空間設計の起点に過ぎないという点で両者は共通しているから。

設問(四)
河川空間は過去と未来の結節点であり、遥か昔から長い時間をかけて、人々に多様な体験を与える役割や個性を育むような、多くの人々の経験や自然の営為を累積してきたということ。

設問(五)
河川空間は長い時間をかけて自然の力や人間の経験の蓄積によって形成され、創造的で多様な体験の可能性を生み出す。空間の風景の知覚を通して、経験を基盤とした価値観を持つ自己が、空間の多重な過去の累積や、空間を共有する他者の存在を認識できるということ。

フォロー大歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)