オープン授業【東大英語 第2問B 和文英訳】

和文英訳は、1997年まで毎年出題されていましたが、その後、自由英作文に取って代わられました。時代が自由英作文を求めているなどと1998年頃には予備校で評価されていましたが、20年の時を経て、2018年に華麗なる復活を遂げました。

その理由は定かではありませんが、2018年から2021年まで4年連続で出題されています。2022年以降も必ず出題されるとは限りませんが、対策を採るべきことに変わりありません。

それでは、先ず始めに、和文英訳の定石アプローチをご案内するとしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)